2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「自動車保険の二重払い」  榊 博文 | トップページ | 憲法記念日にちなんで 三苫民雄 »

2013年4月27日 (土)

成人式は町内会主催で 三苫民雄

以前、自身の読書ブログでも書いたことがあるのですが、毎年成人式が近づくといつも標題のようなことを感じています。今年は時季外れですが、ここの論壇ブログに書いておきます。

最近の成人式は一昔前ほどには「荒れた」という報道は聞きませんが、新成人がおとなしくなってきたのか、それとも「荒れる」こと自体があまり流行らなくなったのか、などと考えたりしています。いずれにしても、周囲にあまり迷惑がかからないようになったのだとしたら、それはそれで目出たいことかもしれません。

しかし、いろいろな大学の1~2年生を見ていると、人の話に静かに耳を傾ける習慣が身につかないまま18~19歳になってきている連中が少なくないため、たとえ今日の成人式が荒れていないとしても、お偉いさんの話はまず聴いていないだろうなと想像できます。しばらくの間のことだからと辛抱しているというよりは、みんなスマホの画面を見るのに忙しくて騒いでいないだけということも十分考えられます。

そこで、以前から思っているのですが、成人式は自治体のホールなどを使って大規模に開催するのではなく、地域ごとの町内会が主催することとし、神社の社務所の座敷や公民館などを会場にして、町内の新成人をお祝いするようにしてはどうでしょう。自治体もそれぞれに多少助成金を出したとしても今より安く済むはずです。

安上がりかどうかはさておき、成人式は地域でこれから若者が成人として共同体に参入するという儀式でなければなりません。迎え入れる町内三役を始めとした大人たちも正装で参列し、できれば神社でお祓いをするといった儀式性があるといいと思います。

成人式は、かつての元服がそうであったように、何よりもまず地域社会への参入儀礼なのです。わが国に限らず、世界のどこの文化でも若者は参入儀礼を経て初めてその共同体の一員となることが認められてきました。

元服がなくなり、成人式に儀式性が感じられなくなってしまった今日、若者は大人になる機会を失ってしまっています。すでに若くはない元若者たちも、自分の胸に手を当てて考えてみれば、分別をわきまえ、勇気と責任感のある一人前の大人になりきっていなかったことに気がつくのではないでしょうか。かくいう私自身がそうなのです。

ここであらためて成人式の文化的(文化人類学的)意義を取り戻す必要があります。元若者たちもそこに参列し、会の運営に協力することを通じて、若者たちと一緒にかつてなりそこなった大人になるのです。こうなってくると、成人式は実は儀礼であると同時にお祭りの要素も含まれていなければなりませんね。地域ごとに工夫して盛り上がるのもありです。

いずれにしても、基本形としては、ある種の厳格な儀式を終えたら、その後は新成人一人ひとりに自己紹介とともに成人としての決意を述べてもらい、大人たちとの会食、歓談という形になるだけでいいと思います。地域ごとのささやかな会ですが、それは新成人たちだけでなく、その地域にとっても意義深いものになるのではないでしょうか。

ただその場合でも、町内会長のスピーチはあくまで短めにお願いしたいものです。

« 「自動車保険の二重払い」  榊 博文 | トップページ | 憲法記念日にちなんで 三苫民雄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人式は町内会主催で 三苫民雄:

« 「自動車保険の二重払い」  榊 博文 | トップページ | 憲法記念日にちなんで 三苫民雄 »

最近のトラックバック