2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月

2013年9月26日 (木)

おしらせ:日本説得交渉学会第6回大会プログラム

日本説得交渉学会第6回大会プログラム

開催場所 神奈川大学横浜キャンパス
開催日時 2013105日(土)15:00~17:30
          106日(日)13:00~17:30 懇親会18:00~19:30

 

1日目(105 神奈川大学横浜キャンパス1号館5502教室

「説得交渉学研究」編集委員会 15:00

理事会 16:00

 

2日目(106 神奈川大学横浜キャンパス8号館3833教室、控え室834教室

研究大会受付開始11:00

 

実行委員長挨拶 13:00   兼子良夫(神奈川大学)

    13:10          会長 榊博文(慶應義塾大学)

研究発表第1部 13:40   座長 福田敏彦(法政大学)

 

日常事態における「受け手が知覚したコミユニケーション・ディスクレパンシーの程度」と「受け手が自ら判断した意見変容の程度」の関係     

発表者  博文(慶應義塾大学)

討論者 三苫 民雄(愛知産業大学短期大学)

 

介護現場において使用される説得テクニック

発表者 佐藤 昌弘(介護老人保健施設大泉学園ふきのとう)

討論者 柴田 純男(柴田CSマメジメント)

 

助産現場において使用される説得テクニック

発表者 中川 朝美(岩手大学)

討論者 福田 敏彦(法政大学)

 

交渉に及ぼす感情の表明とその効用の効果-ゲーミング・シミュレーションによる検討-

発表者 杉浦 淳吉(慶応義塾大学)

討論者 兼子 良夫(神奈川大学)

 

日本説得交渉学会賞報告(出版賞授与・論文賞授与)15:00

審査委員長土屋明夫(日本大学)

 

特別講演15::20            

 テレビ番組視聴とソーシャルメディアの影響に関する仮説 

                             山下
 史郎(博報堂)

 

研究発表第2部16:25      座長 三苫 民雄(愛知産業大学短期大学)

 

地方道路財源の説得と価格代替税

発表者 兼子 良夫(神奈川大学)

討論者 髙田 尚行(横浜オフィス)

 

法人事業税収安定化と制度改革の説得‐課税ベースの改革について-

発表者 髙田 尚行(横浜オフィス)

討論者 鈴木 那央樹(コンパッソ税理士法人)

 

消費増税の説得に関する考察-複数税率とインボイス方式を中心として-

発表者 鈴木 那央樹(コンパッソ税理士法人)

兼子 良夫(神奈川大学)

討論者 小島 健太郎(小島重藏税理士事務所)

 

住民税納税者の説得と特別徴収制度

発表者 小島 健太郎(小島重藏税理士事務所)

討論者 兼子 良夫(神奈川大学)

2013年9月18日 (水)

米中会談           h.a.

先日、オバマと習が8時間にも及ぶ会談をしました。注目すべきは、表面的な発表内容よりもその中で行われた密談、密約です。無論、これは誰も知るよしもないのですが、私は二国間による太平洋管理ではないかと推則しています。


その中間線は言うまでもなくグアム、サイパン、テニアンよりは西側であり、下手をすると日本列島、台湾、フィリピンを結ぶ線の可能性が高いと思います。日本列島、台湾、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシアその他のアジア諸国は中国の管理下に入ることをオバマが認めた。日本を含めたアジア諸国が黙って大人しくしていると、チベット、ウイグル、内モンゴルの二の舞になる。特に、日本はひどい扱いを受けるでしょう。他のアジア諸国もそんなことになることには絶対反対します。


でも、誰がそれを防げるか。日本しかありません。安倍長期内閣ならそれを防ぎ、時間をかけて日本の真の独立を成し遂げるでしょう。


話はそれますが、フィリピン、マレーシア、インドネシアの、誰とは言いませんが、日本が核武装してくれた方が安心だ、と言っています。アジア諸国はおしなべて親日です。アメリカを含めた日本の周辺の4ヶ国が反日であり、国内にもマスコミをはじめ反日勢力がゴマンといます。日本の安全保障は極めて危機的であることに気が付かねばなりません。その危機管理をするのは我々大和民族1人1人であり、当面は安倍長期政権なのだと思います。


中長期的には、アメリカも中国も衰退していきます。一方、日本は復活を遂げる。ウイグルやチベット、内モンゴル、台湾、香港の独立のきっかけを日本が作る。かつて日本がアジア諸国を欧米列強から解放し、彼らの独立を日本が助けたようにです。


もっと詳しく書くべきですが、長くなるので要点のみ記しました。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック