« 福島香織『危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」』 | トップページ | 阿部謹也『物語 ドイツの歴史』 »

2008年1月20日 (日)

成人式は町内会主催で

 ここでは、カテゴリーを変えて、読書だけではなくちょっと気がついたことを書いておきます。
 成人式のことです。今年の成人式は「荒れた」という報道は聞きませんでしたが、急に新成人がおとなしくなったとも考えにくく、もはや荒れることが常態化しているのかという気もするくらいです。大学の1~2年生を見ていると、基本的に人の話をちゃんと聞く習慣が身につかないまま18~19歳になってきている連中が少なくないため、成人式が荒れていなくても、お偉いさんの話は聞いていないだろうなとは想像できます。
 それで、以前から思っているのですが、成人式は自治体で大規模に開催するのではなく、町内会が主催することとし、神社の社務所の座敷や公民館などを会場にして、地域で新成人をお祝いするようにしたらどうでしょう。自治体もそれぞれに多少助成金を出したとしても今より安く済むはずです。地域でこれから成人として共同体に参入するという意識を持ってもらうため、一人ひとり自己紹介とともに新成人としての決意を述べてもらい、会食、歓談という成人式なら、成人となる意義も確認できるのではないでしょうか。

|

« 福島香織『危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」』 | トップページ | 阿部謹也『物語 ドイツの歴史』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。