« 中山治『「格差突破力」をつける方法 — 勉強法から人生戦略まで』 | トップページ | 井上茂『法の根底にあるもの』 »

2008年5月 6日 (火)

高木光『ライブ行政法〈中級編〉補訂版』

 行政法を教えている関係で、本書も初級編に続いて読み直しました。最近ネット上の書店で補訂版があるのを見て入手しようと思っていたのですが、自分の本棚をよく見てみると「補訂版」とありました。1995年に出ている古い補訂版ですが、そのまま新しい版は出ていないようです。早まって買わなくてよかった。
 近年は行政事件訴訟法を含め、かなり大幅な法改正がなされていますので、内容的には古い部分もありますが、やっぱり良い本です。法律の基本的な考え方がきっちりと示されているところが、行政法に限らず、法学入門としてもよくできています。これを初級編とともに読み終えると、報道される行政訴訟についての理解が進むこと請け合いです。
 そもそも行政事件訴訟法の改正は著者の主張通りになされたもので、学者が立法に影響を与えるのはかなりまれなことなのですが、それだけ力のある人だということです。そのあたりも念頭に置いて行政事件訴訟法についての記述を読むのも一興です。
 全体に著者の学問に対する謙虚で誠実な姿勢が伝わってくる本です。本書の改訂版を出してもらえるとありがたいですね。演習書も書いてほしいです。

(有斐閣1995年1,854円)

|

« 中山治『「格差突破力」をつける方法 — 勉強法から人生戦略まで』 | トップページ | 井上茂『法の根底にあるもの』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。