« 髙山正之『変見自在 スーチー女史は善人か』 | トップページ | 保坂弘司『大鏡 全現代語訳』 »

2009年1月30日 (金)

髙山正之『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』

 本書にも驚かされっぱなしでした。イギリスがセポイの反乱の収拾に用いたダムダム弾の残酷さや、アメリカでの原爆の評価は欧米人の価値観を象徴的に表しています。世界は悪人だらけなのに、話せばわかる善人ばかりと信じているのが朝日岩波のインテリたちで、あんまり冗談が過ぎるので、最近は長年の読者ですらだんだん眉につばつけるようになってきています。
 本書はそのあたりのマスコミの嘘をえぐるように暴き出しているので、朝日岩波社内の守旧勢力からはおそらく蛇蝎のように嫌われていることでしょう。しかし、金正日がアメリカの辣腕弁護士バリー・フィッシャーを平壌に呼んだということを最も恐れているのが朝日新聞だというのは確かなことで、そのあたりの落とし前をつける気はやはりないでしょうね。でも、いくら苦しい弁解で取り繕っても、9万人の帰国者たちはまだ相当数が生き残っています。賠償請求が来たときには逃れられないでしょう。
 インチキなインテリ連中も後藤とか古田とか実名で登場するので便利です。学者生命を犠牲にして数字をでっち上げてまでして新聞社に忠誠を尽くさなくてもと思いますが、彼らはすでに狂信の域に達しているようです。動機は結構世俗的なだったりもしますが。
 ところで、韓国が食わせ者の金大中政権当時、核兵器開発を目的としたウラン濃縮およびぷるとにうむ抽出実験をやっていたというニュースを朝日がうろたえながら伝えていたのも笑えますが、社内はきっと大真面目だったはずです。
 本署の凝縮された記述の中で、個人的にはゾロアスター教の聖典アベスタの紹介に興味を覚えました。善悪二神論といえばマニ教もそうでしたが、ゾロアスター教はもっと古いのでしたね。処女か痛いからメシアが誕生し、1000年王国が栄え、最後の審判があるというのは確かに原型として要素をすべて備えているようです。そして、その善悪二神論の枠組みを無理やり一神教にしたとき起きてくる矛盾は確かに聖書の中にも見出せます。ヨブ記や悪魔の記述はそうですね。山本七平が晩年に書いた小林秀雄論で、このことについてほのめかしていて気にはなっていたのですが、いずれ改めて自分で調べてみます。

(新潮社2008年1400円税別)

|

« 髙山正之『変見自在 スーチー女史は善人か』 | トップページ | 保坂弘司『大鏡 全現代語訳』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。