« 橋本治『人はなぜ「美しい」がわかるのか』 | トップページ | 白川静『孔子伝』 »

2009年11月21日 (土)

内田樹『日本辺境論』

 新刊です。出たばかりです。本屋で見かけて思わず買ってしまいました。
 本書は今まで読んだ日本人論の中でも最も優れたものの一つです。著者は本書の「はじめに」で「本書のコンテンツにはあまり(というかほとんど)新味がありません」と断っています。確かに、著者が言うように日本の周縁性や辺境性から日本文化を語った人は珍しくないのですが、だからといって、この著者の言葉をそのまま信じてはいけません。
 先人の議論を「述べて作らず」とするとき、実はもっともオリジナリティを発揮するのが古今東西普遍の真理です。もともと、そのことはほかならぬ著者の他の本に書いてあったことでもあります。確かに、本書はこれまでの日本論のエッセンスが凝縮されています。しかしほかならぬ著者が書くことですから、決して通り一遍のことで終わるはずがないのでした。
 日本は歴史上、中華文明や西洋文明に「遅れて」スタートしてきたわけですが、だからこそ先進文明に追いつけと思っているうちはやみくもに追いつこうとして追いついてしまいます。このときの学習能力は世界に冠たるものですが、追いついた後に追い越そうとすると途端に支離滅裂となってしまうという「癖」を持っています。つまり、いつもお手本を探して「きょろきょろ」しているのですが、お手本に追いついて、スタンダードを自分で作ることになると途方に暮れるというわけです。
 虎の威を借る狐は虎が環境に適応して縞模様をやめてしまっても、それにこだわっていつまでも同じ行動様式をやめられないとは本書に出てくる例ですが、その狐の融通のきかなさが悲しいところです。
 この点で水戸黄門のドラマツルギーを分析するところが面白かったです。悪役が印籠を見せられると例外なく平身低頭するというパターンは、この狐の心性を確認しているというものです。著者は言います。

「狐」が「時流に迎合して威張っているだけのバカ」だということが私たちには実はちゃんとわかっているのです。わかっていながらどうしてもそれに対抗することができない。そういう心理的な「ロック」がかかっている。でも、その同じ呪縛は「狐」をも呪縛しています。だから、次に彼と同じタイプの「時流に迎合して威張っているだけのバカ」が出現したときに、「狐」はそれに対抗することができずにむざむざとその座を明け渡すことしかできない。もしかすると、そのようにして、私たちの社会では権力者の交代を制度的に担保してきたのかもしれません。(156頁)

 こういうところが、フロイド的な分析道具も見事に活用していて、本当に見事だと思います。武道の「機」と学ぶ力についての議論も読ませます。日本人は辺境民族の常として、学ぶ力に秀でているわけですが、その本質は「先駆的に知る力」つまり「自分にとってそれが死活的に重要であることをいかなる論拠によっても証明できないにもかかわらず確信できる力」(197頁)だと言います。
 最後のアニメと日本語論も面白かったです。本人は養老孟司説の受け売りだと言っていますが、それでも事情は単純ではありません。まあ、読んでみてください。
 日本人の弱点と利点とをともに知ることができる最良の書です。大学でも、良書の少ない比較文化論の分野での必須図書に指定しておきたいと思います。

(新潮選書2009年740円税別)

|

« 橋本治『人はなぜ「美しい」がわかるのか』 | トップページ | 白川静『孔子伝』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。