« 柳澤桂子『われわれはなぜ死ぬのか 死の生命科学』 | トップページ | 養老孟司『いちばん大事なことー養老教授の環境論』 »

2011年6月12日 (日)

荘司雅彦『最小の努力で結果を出す超合格法』

中学受験、高校受験、大学受験、TOEIC、司法試験等あらゆる試験に共通する受験マニュアルです。これから何か試験を受けようと思っている人は一度目を通しておかれるといいと思います。

すべての試験に共通するというと抽象的な話になるかと思われるかもしれませんが、内容は効果的な勉強の仕方、時間の使い方、受験対策、また個々の学習補助グッズの紹介といったきわめて具体的なものになっています。文章も明快でわかりやすいので、読んでイメージがわかないというようなことはありません。

過去問重視と基礎力強化、試験当日までに学力を飛躍的に伸ばすこと(学力逓増の法則)とかについては、言われてみるとなるほどという感じです。キンドルの評価も今後買おうと思っているので、参考になりました。英語学習グッズとしても結構使えそうです。

最近は勝ち組とか何とかいって結果にうるさいご時世ですので、ともかく試験には受かって結果出してほしいというのが、著者の言いたいことで、実際に大学や司法試験に短期間の勉強で受かってきた著者ならではの工夫や発想が光っています。

前著の『最短で結果の出る超勉強法』にも何か有益なことが書いてありそうなので、是非読んでみようと思います。

(ダイヤモンド社2010年1300円+税)

|

« 柳澤桂子『われわれはなぜ死ぬのか 死の生命科学』 | トップページ | 養老孟司『いちばん大事なことー養老教授の環境論』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。