« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

吉本隆明『真贋』

金言だらけの本です。「文句なしにいい作品というのは、そこに表現されている心の動きや人間関係というのが、俺だけにしかわからない、と読者に思わせる作品です」(69頁)なんてことがさらっと語られています。こういう定義の仕方自体が著者独特ではあるのですが、いつもどこかに理屈を超えた説得力を感じさせてくれます。

幼児期の母親との関係が人間の性格に決定的に影響するという著者の立場は、本書でもいろいろな作家を語りつつ確認されます。このあたりは他の著書でもおなじみのテーマのリフレインですが、本書で特に著者らしいなあと思ったは次のようなところです。

「社会にとって本当に大切なものは、どこかにあることは確かです。では、それはどこかと言えば、少なくとも、大多数の一般の人が認めているところが、きっと人間にとって一番大切なところではないでしょうか」(208頁)

これは世間でふつうに暮らしている、良識ある人びとの判断力に信頼を置く著者ならではの発言です。長年著者のものを読んできて、私自身読者としてやはりこの点が一番気に入っています。ここを基準において思考の定点観測をしているところが、その他のインテリたちと違うところなのでしょう。

それから、太宰治の書いた小説『右大臣実朝』の台詞に出てくる「人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ」というのが引き合いに出されていて印象的でした。そうか、これならまだ今の職場は大丈夫そうです。でも、いつも暗いのも考えものですが。

(講談社文庫2011年495円税別)

| | コメント (0)

2011年8月30日 (火)

高山正之『白い人が仕掛けた黒い罠』

これもすごい本でした。ショッキングな史実が満載です。いつも比較的短い連載記事で読んでいた史実が本書では文献情報とともに余裕をもって念入りに語られるので、今後の読書指南としても役立ってくれます。

本書では司馬遼太郎が結構槍玉に上がっています。司馬遼太郎は戦地でヘボな武器と戦車で戦わざるをえず死にそうになったことがあるため、旧日本軍に対して結構不当な難癖を付けるところがありますが、著者はそのあたりをきっちり批判していて説得力があります。

また、ルーズベルトやマッカーサーのえげつなさも本書では余すところなく描かれていて、ここまでいやな人間だったかと感動すら覚えるほどです。もちろん誰が書いても決してよく言われない辻政信のこともきっちりと押さえられています。それからお調子者の大学教授も、朝日新聞にとりあげられたいばっかりに史実を捏造していることが、本書でもまたより詳細に指摘されています。

また、本書では略奪と強姦についてのえげつない史実を改めて教えられました。どちらも伝統的に兵士の戦う動機というか目的そのものになってきた歴史が語られます。セルビアとクロアチアの民族浄化というのもこの伝統にのっとった所業だったのですね。これは目からウロコでした。

戦史はまだまだ本当のことが語られるまでには時間がかかります。あまりにも現代の国際情勢と政治力学に直結しているので、表に出せない情報だらけだからです。でも、確かに、今は刺激が強すぎて教科書に載せることはできないでしょうけれど、あと50年位したら本書に書かれていることもおそらく一般的に理解されるようになると思います。早めに知っておきたい人はどうぞ本書をお読みください。

(WAC2011年1400円+税)

| | コメント (0)

2011年8月29日 (月)

高山正之『「官僚は犯罪者」は世界の常識』

以前何年かにわたって天下り官僚を観察する機会があったので、なるほどねー、と思うところがたくさんありましたが、本書は官僚の無能さと小狡さの淵源を明治維新にまでさかのぼって説明していて説得力があります。

要は薩長の足軽が政権を取ったところから始まるわけです。ただ、最近はかつての足軽にさえもあった国家意識がまったくなくなっているので、余計その特徴が際立つようになっているようです。

わが国をダメにしている残りの二つ、つまり学者とジャーナリズムのいいかげんさについては、連載媒体の字数制限もあって本書ではより詳しく描かれているように感じますが、まあ、著者の他の本で読んだことはある話題でした。

本書はやはり第1章の「明治期に見る『寄生虫』の起源」が光っています。日本の官僚は優秀というのは都市神話に過ぎないと断言されていて、素敵です。ミスター円とか呼ばれている人も著者が言うようにあまりにも中身が薄すぎますから(大学の先生としてならごまかせますが)、後は推して知るべしなのかもしれません。

(PHP2010年1,400円税別)

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

和田秀樹『人は「感情」から老化する—前頭葉の若さを保つ習慣術』

著者の別の本を探していたら、偶然目にとまったので、こちらから読み始めました。さすがによく売れている著者の本だけあって、サービス精神豊かな本です。抽象論ではなく、具体的なアドバイスが強調されているので、読んでいてお得感があります。

以下に気に入った表現を挙げておきます。
・50歳からトレーニングなどを始めた場合でも、80歳になった事典で、運動も何もしていない20代前半の人並みの体力を持っていることがわかる(35-36頁)
・(起業の勧めの中で)くだらなくても、月並みでも、まずは質より量で、大量にアイディアを出してみることだ。そこから、いろいろと調べて、起業のネタを絞っていけばいい(65頁)
・いらいらしているときは肉を食べる(126頁)
・「ちょい寝」して休息をとる(140頁)
・落ち込んだときには、反省しない(133頁)

ちなみに肉を食べるのはセレトニンの分泌を助けるためという科学的な話です。
ところで、クラブやキャバレーやフーゾクの話題が頻繁に出てくるのは、著者が好きだからか、あるいは中高年はそういう悪所通いをするものという思い込みがあるからなのか、あるいはそのどちらもなのか、いずれにしても、著者のサービス精神がちょっと裏目に出ているような気がしました。

何よりも著者本人が好奇心と行動力のかたまりのような人なので、アンチエイジングを自ら実践しているように見えます。見倣いたいと思います。

(祥伝社新書2006年740円+税)

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

髙山正之『サンデルよ、「正義」を教えよう』

タイトルがいいですね。実際、サンデルの世界観が揺らぐどころか、根底から覆るようなことがたくさん書いてあります。本書の帯のコピーにあるように「権威」や「大家」に騙されないためにも読んでおくべき本だと思います。

著者はとにかく、きっちりと取材し、調べ、裏をとった上で書くというジャーナリストの基本を外さない人なので、怠惰で不勉強な「大家」たちは、権威の上にあぐらをかいているだけでなく、ときには大衆に迎合してつまらない嘘をついていることがばれてしまいます。

本書ではこぞって実名で登場するので、あの有名な大学教授や斯界の権威と言われる人が阿呆でおっちょこちょいなのはまだしも、ここまで小汚かったのかということまでしっかりわかります。

また、これまで多少はその悪い噂を耳にしていたマッカーサーやT.ルーズベルトも最高にえげつない人物だったことがわかりますし、在日特派員のトンデモ記事垂れ流しもしっかり示されています。

朝日新聞なんかは率先してこうした権威に迎合して世論を誘導しようとする魂胆がわかりやすいのですが、われわれがもっと普通に教科書的思い込みから間違っていることについては、なかなか気がつかないものです。

また、歴史的なややこしい事実の経緯も簡潔でわかりやすく書かれていて助かります。これが学者なら話を難しくするだけで終わってしまう人がいるところですが、さすがジャーナリストです。

本書はわれわれが世の中に対してついつい抱きがちな偏見をきっちり正してくれます。その点でとてもいいクスリになります。常備薬として置いておきたい本です。

(新潮社2011年1400円税別)

| | コメント (0)

2011年8月24日 (水)

群ようこ『へその緒スープ』

日常生活の中に現れる人びとの怖い一面が鮮やかにとらえられた短編集です。「えーっ、でもありそう」というお話が10編収録されています。

今、何気ないところから権力意識が成長していく姿をとらえた小説の場面やエピソードを意識して集めているので、本書も読んでみました。社会学の論文に直接引用するような場面は今のところなさそうですが、そのうち何かと化学反応を起こしてくれるかもしれません。

それにしても、人間というのは厄介な生き物です。優しさと残酷さを併せ持っているくらいならふつうなのですが、残酷さが大幅に上回っている人でも、いっちょまえに大人の格好をして暮らしているから、一見して見分けがつきません。

つねにあなたのそばで、嫉妬と悪意のかたまりのような人が、隙あらば金棒引きをしようとして待ちかまえているのですから。そうでなければ、自分だけいい思いをしようとしてあらゆる手段を使って抜け駆けをしようとしています。

これもまた人の世の常です。組織には必ずこのタイプの人間が存在しますが、そんな連中と下手に張り合うと同じレベルで争うことになるので注意が必要です。

いずれにしても、なかなか人間はこの世では悟りを開けないようです。このぶんではおそらく、あの世にいっても無理です。人は何度も生まれ変わらなければ悟りを開けないという仏教の教えは、おそらくこの世の理不尽さと人間の残酷さを観察することから得られた知恵だったのでしょう。

(新潮文庫平成14年438円+税)

| | コメント (0)

2011年8月23日 (火)

郷原信郎『「法令遵守」が日本を滅ぼす』

いいタイトルの本です。のっけから「日本は法治国家ではない」と来るので、拍手を送りたくなります。そうなんです。官僚の作る法令を墨守して形を取り繕うことだけが横行している現状を見ると、気がつく人は気がついているんですが、まさか長崎地検の次席検事までやった人がこういうことを言ってくれるとは思いませんでした。

ライブドア事件や村上ファンド事件、耐震強度偽装事件などのトピックが、本来の意味での法治国家であったらどう扱われるべきかという視点から語られます。マスコミの作り出す雰囲気に飲み込まれないためにも、ホリエモンなんかが嫌いだという気持ちはさておいて、著者の言うことには耳を傾けてみる価値があると思います。

また、予算中心主義的財政の欠陥を指摘する箇所はダメ企業にもそのまま通じる議論です。先進諸外国では「支出の適法性に加えて経済性、効率性、有効性も含めた決算審査を重視する傾向を強めています」(108頁)とあります。この方向で財政もきっちり事業評価をやっていけば、適正な予算配分にもつながって効果的だと思いますが、実際には各省庁がいかにズルをして予算をぶんどるかということしか頭になく、全体が傾いていきます。

って、これ、今どきのダメ会社もこのまんまですね。官僚化の弊害が民間にまで見事に及んでいるとうことでしょう。

(新潮選書2007年680円+税)

| | コメント (0)

2011年8月22日 (月)

群ようこ『またたび回覧板』

傑作日常エッセイです。加齢とともに変わりゆく肉体と闘いながら、旅行やカラオケや健康食品あるいは健康グッズにはまるというお笑いの日々が切れ味のよい文章でつづられています。

この懸命な自分を一歩引いたところから眺めて笑いに変えてしまえる冷静な観察眼は、生きていく上で力になる気がします。世の中の人びとの理不尽にしっかり憤りながら、自分も含めてきっちり笑いのネタにしてしまうこの思考パターンを学んでおくと、悟りを開くとまでは行かないにしても、精神的に健康な日々が送れそうです。

(新潮文庫平成11年476円税別)

| | コメント (0)

2011年8月21日 (日)

岡本吏郎『サラリーマンのためのお金サバイバル術』

副題に「家・車・保険、『人並み』な買い物が破滅を招く」とあり、著者の言いたいことの過半はこのことに尽きています。こうした人並みな買い物を大勢の人がしてくれることで、現代社会の富の収奪の仕組みが成り立っていることを、著者は説得的に述べています。著者はこれを「奴隷制度」とまで言っています。

確かにこうした商品に関しては、自分が現在払える以上の買い物をしていますもんね。サラリーマンは安定しているということにして、借金して投機商品(家)を買い、不安商品(生命保険)にやたらとお金をつぎ込みます。しかし、その理不尽さは著者が言うように、足し算引き算ができれば、すぐに理解できることです。

そこで著者がまずは提唱するのは、「収入よりも少ない支出で生活すればいい」(14頁)ということです。この当たり前のことが難しいのですが、著者は収入の3割を貯金することから始めなさいと、数字も根拠を挙げて具体的に手ほどきしてくれます。

余裕資金を貯めたら、次にそれを運用する際の具体的なアドバイスも忘れていません。そのあたりの具体的な話は(インデックス投資がいいとか)は、まずはお金を貯めてから考えることにするとします。育英会の奨学金もそろそろ返し終わりますし(家内のも含めて)、いずれ考えておかなければいけなくなるのは事実ですから。

著者はこの手の問題にはっきりと問題点を指摘することができる人なので、感心させられます。私がお金の問題にかなり疎いということを差し引いても、次のようなことをはっきりと言える専門家はそうはいないと思います。

「住宅政策というものが、国民の消費を糧にして、景気対策を行おうとした国の政策であるように、運用〔証券投資〕の奨励についても、国民が負うリスクを使った企業の活性化を国が考えたものです。国は国民一人一人の懐具合のことなんか考えていないのです」(151頁)

冷静かつ正確に数字を読むことで、こうしたことが言えるのはさすがです。

それはともかく、今後ますます自分でどうにかしなければいけない状況になってきそうです。サバイバル指南書として本書を活かしたいと思います。

(朝日新書2009年740円+税)

| | コメント (0)

2011年8月19日 (金)

佐藤全弘『夕陽丘随想録』

著者の佐藤全弘先生からお贈りいただいた本です。だからというわけではありませんが、いい本です。私家版かと思いましたが、アマゾンとかで入手できますので、是非一家に一冊常備薬のようにお備えください。

折に触れて書かれた随想集ですが、大阪は船場の戦前戦後の様子や、軍事教練の思い出なども描かれていて、歴史資料としても貴重です。今どきめっきり聴く機会が少なくなってきた、ご隠居さんのためになる昔話という一面もあります。それにしても童話まで書かれていたとは知りませんでした。9編ありますが、御伽草子のような、あるいは仏教説話集のような味わいです。

佐藤先生は日本ではあまり多くないキリスト教思想家で、新渡戸稲造全集の編集にも携わっていらっしゃいます。内村鑑三、新渡戸稲造、宮部金吾の札幌農学校第二期生トリオについて語られるとき、ご本人の静かな、しかし熱い情熱が感じられます。本書の第5部の「キリスト新聞」に書かれた記事は特にそうです。

でも、全体に決して説教臭くない本です。そのあたりが先生らしいところだと思います。折にふれて読み返したい本です。

(新風書房2011年2000円税別)


| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

渡部昇一『日本人の品格』

藤原正彦『国家の品格』以来品格と銘打った本がたくさん出ましたが、これは藤原本よりも話題が豊富で内容の濃い本です。政治的立場は保守本道のような人ですが、これだけ日本文化と西洋文化のことをよく押さえている人は他にいないので、毛嫌いせずに読むと得るところがたくさんあります。

本書であらためて教えられたことを備忘録をかねて挙げておくと、
・神社には皇室から見た位がつけられていた
・西行の歌が本地垂迹説を象徴している→桜への思い
・江戸時代にオランダから時計が入ってきたのをまねて直ちに和時計を造ってしまう
・幕府の直轄地では代官が藩経営に懸命にならないので、博打打ちが登場するようになる
・フィリピンで自分に勝った本間中将を、日本敗戦の後すぐに絞首刑にしたマッカーサー
・大和魂の根源にあるのが、男女の恋愛の情
・天皇家を常に支えてきた藤原家の慎み深さ
・雛人形は平安朝文化の再現である
・教育勅語成立事情
・敗戦で得をした戦後左翼系学者の戦前の行状
などがあります。

そのほかにはおなじみの東京裁判批判などがありますが、これも著者の立場がコンパクトにまとめられていて、知っておいて損はないと思います。

(KKベストセラーズ2007年743円+税)

| | コメント (0)

2011年8月11日 (木)

斎藤美奈子『月夜にランタン』

いつもながら切れ味抜群の文章です。普通の読者の視点から、これはあんまりでしょ、というところを切ってくれるのがいいんです。それと、いつの間にかこちらが作者の術中にはまってヘンなことをヘンだと思わなくなっているようなところを、あらためてはっきりとヘンだと言ってくれるので、助かります。王様が裸でも誰も何も言えない空気になるのが日本社会の常ですから。

普通だったらこれだけ話題になっている本を丹念に読み比べる人は評論家でも多くないと思いますが、いくら仕事とはいえ、その辺のマメさというのに感心させられます。意外ときっちり読む評論家っていないんですよ。書評を当てにして読んでみて「あれ!?」と思わされることもあるので、書評子ですら当の本を読んでいないことがあるとわかります。

著者は辛口のことを言うばかりでなく、良い本を正当に評価して勧めてくれるので、青柳恵介『風の男 白州次郎』を早速読んでみる気になりました。世評の高かった北康利による評伝よりもずっと客観的で説得力のあるところが、しっかり両者を引用して比較されています。

また、刑事裁判よりも行政裁判に裁判員制度を導入せよというアイデアは斬新です。思いつきそうで思いつきません。進歩的な行政法学者でもそんなことは言う人はまずいないでしょう。目の付け所が著者らしいと思います(59頁)。実現すると確実に社会が変わるんですけどねえ。

(筑摩書房2010年1,600円+税)

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

稲垣良典『天使論序説』

これはいい本でした。天使については神学や哲学でさまざまな議論がなされてきたとは承知していたものの、今まで個人的にはあまり関心がありませんでした。しかし、アドラーの『天使とわれら』やその翻訳者の著書である本書を読んでみて、天使が西洋思想史のみならず、今日においても極めて重要な問題だということがわかりました。

要するに天使というのは「身体なき心」のことで、それは論理的には、精神や意識や知性の神秘的なはたらきの理想的典型状態のことなのです。もちろん信仰者が実態として天使を認識することはありえることですが、そのこととは別に、神の御使いとしての純粋で直接的なコミュニケーションを可能にする知のあり方を想定することは、哲学的思考の補助線として有益です。

それは正義や社会というもののあり方を考える際にも大きな助けとなってくれます。理論的考察というのは基本的にそういったフィクションを手がかりに展開すると、より深い到達点に至ることができると思うのですが、西洋思想のそういった部分をうまく使いこなせる人は、わが国はもとより本家の西洋でもあまり見られなくなってしまいました。

おそらく知識人の関心そのものが、一見して目に映ることやリアルと思われていること、あるいはお金になることにしか向けられなくなっている風潮が関係しているのでしょう。今日の社会科学は実務家にすり寄ることしか考えていない議論が多くて辟易しています。実務家のほうはもっと違う世界や多様な価値観を垣間見せてくれることを期待しているのですが。

大学の授業で学生から天使と聖霊の関係を聞かれたのがきっかけで、天使論の世界に目が開かれました。学生に感謝したいと思います。ただ、天使と聖霊の関係はこれといって定説がなく、それぞれで考えるしかないようです。それはそれで両者は無関係ではありえないので、学生には私の解釈を参考に示した上で、自由に解釈してくださいと言っておきました。

いずれにしてもまた聖書を読むときの着目点ができて、楽しくなりました。

(講談社学術文庫1996年620円)

| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

M.J.アドラー『天使とわれら』稲垣良典訳

天使というのは「肉体なしの精神の存在が可能である」(155頁)ということについて確信が持てたとき初めて意義のある問題になるようです。著者の論証は数多くの文献にあたった上で、人間の側から論理的に何が言えるのかをきっちり追求していくという方法をとり、これに成功しています。

本書はこの論証の出てくる後半第3部以降になって俄然面白くなってきます。人間を投影するのではなくて、向こうからの現れを待って天使像を組み立てると「天使の精神は、純粋に知性的である。それは知性以外の何物でもなく、すぐにわかるように、知性である限り、理解する力以外の何物でもない」(205頁)ということになります。

こういう存在を神様が創っておいてくれないと、被造物の諸々の可能性の一つの重要な段階が実現できなかっただろうと著者は言います(155頁)。なるほどこれは人間のコミュニケーション能力の核心を突いているのでしょう。天使というのは神様の御使いですから、それは言葉のように血が通っていて、美しく力強いものなので、私たちの目の前に畏るべきリアリティとともに現れてくるのでしょう。

著者は人間存在を純粋に霊的なものと肉体的で精神を欠いたものとの二元論でとらえることを拒否しています。人間にこの天使的な部分が純粋な形で存在することをあくまで認めようとしません。だから、プラトンやデカルトあるいはカントを評価していません。代わりにアリストテレスとトマス・アクィナスを高く評価します。それも天使の存在を最大限尊重するからこそです。気持ちは十分わかります。

その逆に「人間知性は、その働きのために肉体に頼らなければならないような、唯一の知性なのである」(273頁)と著者は言います。人間観については厳しいリアリストのようです。

なお、著者の論理の組み立て方は数学の論証のようで実に面白く、大変参考になります。トマスの影響でしょうか。真似してみたい誘惑に駆られます。

(講談社学術文庫1997年)


| | コメント (0)

2011年8月 1日 (月)

荘司雅彦『最短で成果★超仕事術』

本書の後半は同著者の勉強法と内容が重なっているところが多いので、勉強法について関心がある方はそちらを読まれたほうがいいと思います。

前半の仕事術に関してですが、「日々迫られる決断の9割以上は『先送りしても同じ』だ」(81頁)というところが、ビジネスの世界では当たり前のことだとは思いますが、学校に身を置くものとしては新鮮でした。というか、学校商売では決断力のある人が少なくて困っているのが現状だからです。

でも、そうなんですよね。この少子化の時代でも、決断の速いリーダーのいるところは成果を上げています。実際、そういうリーダーはだいたい企業人だった人ですが、学校の中でぬくぬくと育ってきた教職員は、自分の責任を伴う決断については異常なくらい尻込みします。典型的な官僚タイプです。

本書の最後に「仕事の速い人は仮説で実行する」とあり、「彼らの最大公約数的共通点は、大筋をつかんだうえで、大胆な仮説を打ち立てたら即トライし、もし仮説が間違っていたら再度また別の仮説を立ててトライするという方法を用いていたことでした」(222頁)とあります。

これも学校経営は見習ってほしいところですが、これができる人はそもそも学校なんかには勤めていないという根本的な問題点がありそうです。うーん、こまったなあ。

(中経の文庫2010年571円+税)

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »