« 三浦しをん『舟を編む』 | トップページ | 三浦しをん『木暮荘物語』 »

2012年5月25日 (金)

西加奈子『地下の鳩』

人生の裏街道で懸命に、うごめくように生きている人びとが登場します。物語は元イケメンのキャバレーの呼び込みと、自分の求めるものが何だか分からない大食漢のとっぽいチーママのあまりにも痛すぎる恋愛の話と、小学生時代にひどいいじめられ方をしてトラウマになっているオカマバーのママの話が重なりながら進行します。

舞台が大阪の上本町から谷町あたりで、その付近は仕事でよく行くこともあって、情景が目に浮かびます。この世界のことをここまで描ききるのは並大抵の筆力ではありません。怖いくらいすごいです。でも、登場人物の健気さが伝わってきて、読み終えた後には「いい話を聞いたなあ」という気持ちになります。

それにしても、オカマバーの世界の描写は取材などもしたんでしょうかね。微に入り細に入りという感じです。さらに、ママのミミィのお客さん観察眼の鋭さには驚かされます。物語はしかし、それをも上回る展開が仕込まれていて、さらに驚かされます。

この強烈な存在感を追った主要登場人物たちのその後が気になります。架空の人物にもかかわらず、幸せになってもらいたいと祈りたくなるくらいです。作者は相当愛情を込めて彼ら、彼女らを描いているのでしょうね。

(文藝春秋社2011年1200円+税)

|

« 三浦しをん『舟を編む』 | トップページ | 三浦しをん『木暮荘物語』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。