« 野口悠紀雄『ホームページにオフィスを作る』 | トップページ | 八木雄二『天使はなぜ堕落するのか 中世哲学の興亡』 »

2012年6月12日 (火)

七類誠一郎『黒人リズム感の秘密 改訂版』

ジャズとバスケットボールへの関心から本書を購入しましたが、著者はダンスの世界ではTony Teeという名で知られるとんでもない実力者だったんですね。

黒人の独特のノリと絶妙な身体の動きは、著者によれば体幹をフルに使ったものなのだそうです。その動きを7つの「インターロック」という基本動作に分類してトレーニングすると、日本人でもマスターできるとのこと。バスケにも十分応用がききそうです。

著者の文章自体もリズムがよくて読みやすいのですが、いかんせん、文章と図解だけではやはりインターロックの動きはいまいちわかりません。動画付きの本を探す必要がありそうです。今ならあるかも知れませんね。

インターネットでも何かないかと思って探してみたら、著者が2010年に亡くなっていることを知りました。この改訂版が出た年のことです。まだ若いのに惜しい。

インターロックエクササイズについては他に本も出ているようなので、探して読んでみます。

(郁朋社2010年2000円+税)

|

« 野口悠紀雄『ホームページにオフィスを作る』 | トップページ | 八木雄二『天使はなぜ堕落するのか 中世哲学の興亡』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。