« 島田博司『学びを共有する大学授業 ライフスキルの育成』 | トップページ | 漆原友紀『フィラメント〜漆原友紀作品集〜』 »

2012年6月22日 (金)

山田昭男『日本でいちばん社員のやる気がある会社』

社員のやる気を引き出し、能力を十分に発揮させることを第一に考える会社があるなんて、夢みたいな話ですが、あるんですね、そんな会社。それも年商240億円ですよ。以前テレビでも見たことがありましたが、岐阜の未来工業がそれです。

ここまで社員を信じると、社員もこたえるようになるんですね。しかし、ふつうの経営者はここまで勇気がありません。むしろ猜疑心の固まりになって、社員を疑って疑って規則でがんじがらめにして、やる気をそぎ、萎縮させてしまいます。著者は言います。

「社長になると、経理から総務まで、会社のことは全部見る権利があるものだから、つい錯覚してしまう。権利があるということと、会社を正しい方向に経営していく能力をもっているということは、まったく違うことなのだが、『俺には能力がある』と思って、あらゆるところに口を出すようになってしまうのだ(18頁)

「会社は社員に能力を発揮する場を与えてやるべきなのだ。どんなセクションであれ、そのセクションのトップとして待遇してやれば、社員自身がそれなりに考えるようになる。各社員がそれだけの能力をもっているし、また、それによって社員全体のモチベーションを高くすることができるはずだ」(169頁)

こうした結果、給料がよく、勤務時間が短く、休みが多く(日本一労働時間が短い)、なおかつ儲かっている会社が生まれてきたのです。でも、凡庸な経営者は真似できないでしょうね。真似してほしいですけど。

(中経出版2010年533円+税)

|

« 島田博司『学びを共有する大学授業 ライフスキルの育成』 | トップページ | 漆原友紀『フィラメント〜漆原友紀作品集〜』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。