« 山田昭男『日本でいちばん社員のやる気がある会社』 | トップページ | 上野玲責任編集「ケサランパサラン」第4号 »

2012年6月23日 (土)

漆原友紀『フィラメント〜漆原友紀作品集〜』

著者の『蟲師』を全10巻購入したついでに本書も買ってきました。これも異世界と交信する漆原ワールドですね。あたりまえかもしれませんが、初期から雰囲気は一貫しています。こういう感じの漫画を読んだのは久しぶりです。少し懐かしいタッチで、ちょっとかつてのガロの感じとかする作品もあります。

しかし、本書のレベルからしても、『蟲師』の世界はやはり異次元かもしれません。アニメではさらに絵が美しくて、スタッフが熱意と愛情を込めて制作にあたったことがうかがわれます。

日本の漫画もアニメーションも本当にレベルが高くて驚かされます。

(講談社2004年562円税別)

|

« 山田昭男『日本でいちばん社員のやる気がある会社』 | トップページ | 上野玲責任編集「ケサランパサラン」第4号 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。