« 上橋菜穂子『神の守り人』上・下 | トップページ | 竹内洋『大学の下流化』 »

2012年6月27日 (水)

有子山博美『留学しないで、英語の達人になる方法』

留学しないでも英語の達人になれるのは確かですが、それは生半可な努力ではありません。実際、本書は甘いことは書かれていません。誠実にこんな努力をしたらいいという助言がコンパクトにまとめられています。

内容は、語彙を増やして、英文法を押さえ、視聴覚教材を最大限利用し、英文日記を綴り、ネイティヴスピーカーの先生や友人から教わるというような、極めてまっとうなことが書かれています。インターネットも十分活用するようにと、有益なサイトやメールマガジンが紹介されています。

なるほど。でもこれはやっぱり大変です。著者はTOEIC満点を達成するほどの努力家ですから、なかなか常人には真似できません。

しかし、具体的に有益な情報や心構えが惜しげもなく開陳されているのには感心させられます。いい人なんでしょうね。

私自身、本書を大いに参考にさせてもらって、少しでも自分の英語力を高めることに役立てることができればと思います。とりあえず、時事英語のメルマガなんか購読してみようと思います。

ああ、同僚から頼まれている英文エッセーを書かなくちゃ。

(中経の文庫012年600円+税)

|

« 上橋菜穂子『神の守り人』上・下 | トップページ | 竹内洋『大学の下流化』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。