« 『林達夫著作集3 無神論としての唯物論』 | トップページ | 内田樹『街場の文体論』 »

2012年7月19日 (木)

『林達夫著作集4 批評の弁証法』

この巻は著者の書評や比較的短いエッセーが収録されています。おそらくは初出の時点で字数も限られていた中で、十分に言いたいことが言ってのけられていて、感心します。

思想家の思索の微妙なあやを見事に捉える表現力はもとより、口の悪さと皮肉の切れ味の鋭さは、同時代人の多くを震撼させたのではないでしょうか。

それと同時に、その決して品が悪くならない語り口の美しさにしびれた人も少なからずいたはずで、実際、私の師匠や先輩もその口でした。昔からダメ学者を批判するときなんかの言い方には共通のものを感じていました。

ただ、こうしていま読み直してみても、やはり個人的にはどこかしっくりこないところがあります。おそらく、著者にどこか自己完結的なところがあって、世界の謎に立ち向かうといった哲学的思考の姿勢が希薄だからではないかと思われます。

著者本人はあえてそんな野暮なことを避けていたように思われますが、そういうことができて当然なくらい能力の高い人であっただけに、どこか物足りない気がします。あるいは本人の批評能力が高すぎて、思索・創作の邪魔になったのかもしれません。

残りの二巻を読みながら、そのあたりのことももう少し考えてみるつもりです。

(平凡社1971年)

|

« 『林達夫著作集3 無神論としての唯物論』 | トップページ | 内田樹『街場の文体論』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。