« 石井彰『エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う』 | トップページ | 八木雄二『神を哲学した中世 ヨーロッパ精神の源流』 »

2012年12月 3日 (月)

石井彰『脱原発。天然ガス発電へ』

これもいい本ですが。昨日読んだ同著者の『エネルギー論争の盲点』とかなり重なります。天然ガスについて特化して、記述が詳細になっていますので、そちらにとりわけ関心のある人はどうぞ。

感想としては重なる点が多いので、ここで書くことはあまりありません。ただ、原発については、態度がはっきりしています。

「いくら原発のリスクが高いからといって、代替エネルギーのめども立たないうちに多くの原発を廃炉にしたら、経済全体がダメージを受けるばかりでなく、バーゲニングパワーも一気に低下する。下世話な言い方をするなら、売り手から足元を見られるのである」(125頁)。

経済全体のダメージは実際、年間3兆円の損失となってすでに顕在化しています。国民にその覚悟があるかどうかが今問われているのでしょう。今度の選挙はどうなるでしょうね。結局のところ、またまた雰囲気に流されるのかなあ。

(アスキー新書2011年743円+税)

|

« 石井彰『エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う』 | トップページ | 八木雄二『神を哲学した中世 ヨーロッパ精神の源流』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。