« 日下公人『日下公人が読む 2013年〜 日本と世界はこうなる』 | トップページ | ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』(下)村井章子訳 »

2012年12月29日 (土)

日下公人『思考力の磨き方』

本書は、著者がこれまで日本を書くためにしゃべったり書いたりしてきた断片的なアイデアを版元のすすめでまとめて一冊にしたものだそうです。実際、読んでみると、本書は著者ならではの刺激的なアイデアがぎっしり詰まっていて驚かされました。

以下、印象的な箇所を列挙してみます。

「いくら計量モデルを用い、数式を駆使しても、投資や消費や規制緩和に反応する『中流』の人がアメリカにはもういないとか、日本には比較的多いとか、そういう社会の変化を考えない数量経済学や理論経済学は成り立たない。媒介変数が変わると乗数効果が変わる。ときにはゼロになる。アメリカでも日本でも、政権の周りに集まっている学者たちはそのことに気づいていないか、見て見ぬ振りをしている」(42頁)

新政権の経済政策も心配です。

「言葉を使って人をだますことは、いくらでもできる。しかし、ごまかしをしょっちゅうやっていると、言葉に溺れてしまい、やがて自分自身がだまされることになる」(65頁)

こういう偉いさんって少なくないですよね。

「人間には『アナリシス』(分析)よりもっとすごい『アナロジー』(類推)力があって、一瞬にして結論に到達することができる。アナロジー力は人間がもっている直感能力で、これはロジックを必要としない」(97頁)

たとえ話がうまい人というのは説得力がありますもんね。

これだけからでもいろいろと考えさせられます。ほかに具体的で面白い提言もたくさんありますが、ここでは省略させてもらいます。ご関心のある向きはぜひ本書をお読みください。

(PHP研究所2012年1,400円税別)

|

« 日下公人『日下公人が読む 2013年〜 日本と世界はこうなる』 | トップページ | ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』(下)村井章子訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。