« ひろさちや『下りる。 日本に生まれた不運をあきらめるために』 | トップページ | 山崎亮『コミュニティデザインの時代 自分たちで「まち」をつくる』 »

2013年1月26日 (土)

山田かおり『株式会社 家族』

著者はファッションデザイナーで、かなり派手な服のデザインをしている人らしいですが、ブログで綴っている文章が評判を呼んで、本になっちゃいました。

尼崎で妹と両親の四人家族で過ごした昔の思い出から、現在東京で店を持つ生活までが、闊達自在な筆致で描かれています。とにかくむやみと面白いです。

お父さんもお母さんも関西人的におもいっきりはっちゃけた人で、ちょっと暗めの妹と著者自身もいろんなことをしでかしてくれます。特にウケを狙っていなくても存在と行動がもう可笑しいという人たちです。いるんですね、ほんとにこんな家族って。

私も小学校から中学校にかけて堺市に住んでいましたので、これに近いヘンな人たちを多少は目にしたことがありますが、いや、これほどではなかったですね。尼崎という土地柄もあるかもしれません。とことん明るくて自由です。登場してくる家族以外の住民もめっちゃ面白いです。

著者の妹の山田まきが挿絵を書いています。これも妙な味わいがあります。続編もそのうち読まなきゃです。

(リトルモア2010年1300円+税)

|

« ひろさちや『下りる。 日本に生まれた不運をあきらめるために』 | トップページ | 山崎亮『コミュニティデザインの時代 自分たちで「まち」をつくる』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。