« 三枝充悳『法華経現代語訳』(上)(中)(下) | トップページ | 筒井康隆『文学部唯野教授』 »

2013年3月22日 (金)

Martin B. Stanzeleit 『ドイツ語エッセイ Eine kleine Kaffeepause』

NHKラジオドイツ語講座テキストに連載されていたエッセーをまとめたものです。著者は広島在住のドイツ人で、広島交響楽団首席チェロ奏者です。

ドイツ語のブラッシュアップのためにと思って買いましたが、著者のユーモラスで軽妙な語り口が魅力的なので、和訳の方から先に読んでしまいました。日本という異文化体験や音楽の話、自伝その他いろいろ面白かったです。

ドイツ語に限らず、外国語の単語集を眺めるよりは、こういう文章の表現を覚えていったほうがはるかに役に立ちそうです。問題は継続するかどうかですね。ドイツ語は毎朝講座を聴きながら出勤していますが、このあたりでそろそろ次のステージに進みたいと考えています。本書をそのきっかけにしたいものです。

というわけで、最初の10ページに戻って原文を読んでいるところです。さあ、いつまで続くことでしょう。

(NHK出版2010年950円+税)

|

« 三枝充悳『法華経現代語訳』(上)(中)(下) | トップページ | 筒井康隆『文学部唯野教授』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。