« 筒井康隆『文学部唯野教授』 | トップページ | 『手島堵庵心学集』白石正邦編 »

2013年3月25日 (月)

Nassim Nicholas Taleb, Learning to Love Volatility

ウォールストリート・ジャーナルに昨年末に載ったタレブの記事です。
Volatilityというのは気まぐれやいい加減さのことで、これに慣れ、寛容になることで、予想外の出来事で組織が瓦解したりすることを避け、新たな解決策を見いだしたりすることができるというものです。

また、イノヴェーションもいい加減さや気まぐれを排除せず、従って、失敗を恐れず、思いついたらどんどん試してみることから生まれてきます。そういえば発明王のエジソンがそんなことを言っていましたね。

詳しくは新刊のAntifragileで展開されているようです。とりあえず私自身の備忘録を兼ねて、この記事のリンクを張っておきます。

Antifragileは500頁以上あるので、翻訳が出たらやはりそちらを読みたいですが、待ちきれないので、やっぱり覚悟を決めて読み始めましょうか。

|

« 筒井康隆『文学部唯野教授』 | トップページ | 『手島堵庵心学集』白石正邦編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。