« Nassim Nicholas Taleb, Learning to Love Volatility | トップページ | ナシーム・ニコラス・タレブ『強さと脆さーブラック・スワンにどう備えるか』望月衛訳 »

2013年3月28日 (木)

『手島堵庵心学集』白石正邦編

石田梅巌によって興された「石門心学」の展開がわかります。手島堵庵は私塾を引き継いだ一番弟子です。

心学は舶来の思想の影響を受けず、独自に発想され、展開された、きわめて日本的な思想です。人間の性質は本来善なるもので、これを「本心」と呼びます。そして、これを知り、これにつくことが何より重要だといいます。

「本心は五體のごとし。首も手足も、身うちが少しの間も動かずにいましょうか。思いは身の動くと同じことで、心の動く働きでござるところで、本心の通りに従いて善なもので、みじんも本心の害はしませぬ。思案というは、この思いを歪めるをいいます」(44頁、引用文は現代仮名遣いにしてあります)

変に理屈をこねる(思案する)のではなく、本心に従うことを強調します。これが聖人の道で、禅仏教にも通じると言います。

日本的でしょう。儒教も仏教もそんなことは言っていませんが、読んで行くうちにそんなことが言われているような気になります。

石田梅巌の頃から儒者や坊主からいろいろと批判されたようですが、それに対する反撃もことさらに波風を立てずに、その心は同じでしょ、とくるのだから、批判者にとってもやりにくかったでしょうね。

「本心」信仰は日本的宗教心の起請の対象とも言えそうです。日本人の多くは性善説ですし、腹黒い人は嫌いですもんね。腹を割って話し合うとわかり合える気もしますし。

この考えは、さかのぼると聖徳太子の十七条憲法まで行きそうですね。

(岩波文庫リクエスト復刊1995年360円)



|

« Nassim Nicholas Taleb, Learning to Love Volatility | トップページ | ナシーム・ニコラス・タレブ『強さと脆さーブラック・スワンにどう備えるか』望月衛訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。