« マルコム・グラッドウェル『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 | トップページ | 井筒俊彦『「コーラン」を読む』 »

2013年4月 5日 (金)

森敦『意味の変容・マンダラ紀行』

不思議な小説です。「意味の変容」は、幾何学的発想が私小説の語りによって展開されて行きます。「マンダラ紀行」も空海ゆかりの場所を旅行しながら。曼荼羅の解読について、華厳経の「一切即一」「一即一切」の理解と合わせて幾何学的で立体的な世界が展開されます。

日本の私小説的な文学風土で、生と死や、世界の成り立ちをめぐる形而上学的考察が可能なことを示してくれています。こんな仕方があったんですね。

『月山・鳥海山』の世界も、光学機械工場やダム建設、印刷といった著者のいろんな仕事の経験も、全部ここに流れ込んでくるのですが、ドロドロするのとは反対に、いたって爽やかな世界です。

一つには著者の文章・文体の持つ力でしょうね。文学おそるべしです。これがなければ学者のつまらない文章になってしまいます。

解説者の一人、浅田彰の文章と比べると、ほんとうによくわかります。それはもう気の毒なくらいです。以前もてはやされた人ですけどね。その当時、『構造と力』は悪文だという中島梓の指摘がありましたが、実際、今も変わっていませんね。こういうのは体質みたいなものなので、変わらないんでしょうけど。

それはともかく、森敦の小説はもう少しほかのものも探して読んでみようと思います。

(講談社文芸文庫2012年1400円+税)

|

« マルコム・グラッドウェル『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 | トップページ | 井筒俊彦『「コーラン」を読む』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。