« 島田裕巳『宗教はなぜ必要なのか』 | トップページ | ナシーム・ニコラス・タレブ『まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』 »

2013年5月 5日 (日)

ナシーム・ニコラス・タレブ『ブラック・スワンの箴言 合理的思考の罠を嗤う392の言葉』』

タレブらしい箴言集です。
生真面目な人は読まない方がいいかもしれません。
箴言集なので、いつどこから読み始めてもOKです。
いろいろなことが読み取れる箴言ですが、
ここではよけいな感想は言わずに、
私が気に入ったものを7つだけ挙げておきましょう。

・人が褒め言葉を使うのは自分のプライドを脅かさない相手だけである。それ以外の相手を褒めるときはだいたい、「えらそうに」なんて言葉を使う。

・幸せについてのカンファレンスに行ってきた。研究者たちはとても不幸せそうだった。

・明晰な頭は勇気の申し子だ、逆ではない。

・二つのうちどちらを選ぶか迷ったらどちらも選ぶな。

・カモは、お金で欲は収まる、薬物で中毒は治る、専門家で専門家の問題は解決できる、銀行員がいれば銀行商売ができる、経済学者がいれば経済がわかる、そして、お金を借りて浪費すれば債務危機が終わると思っている。

・有能な人たちがいいことをしようとして最悪の被害をもたらしてきた。無能な人たちがいいことをしようとせずに最高の改善をもたらしてきた。

・私が尊敬するのは、ヒトモドキどもが世間の目を気にして小さくなっているときに、立ち上がれるだけの知識と勇気を持つ、そんな人である。小賢しいだけならバカでもなれる。

全編こんな感じです。勇気を与えられて、気合いが入ってくる本です。

(ダイヤモンド社2011年1,500円+税)

|

« 島田裕巳『宗教はなぜ必要なのか』 | トップページ | ナシーム・ニコラス・タレブ『まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。