« 室谷克実『悪韓論』 | トップページ | ヒューム『人性論』(一)大槻春彦訳 »

2013年5月30日 (木)

内田美智子(文)諸江和美(絵)佐藤剛史(監修)『いのちをいただく』

いい本です。

朗読の動画を見て注文しました。

動画はここ

心を動かされます。

本書はこのお話の絵本に加えて、
有機農法に取り組む農家や
魚への予防接種によって抗生物質の投与を減らすことに成功した水産業者、
そして、食育に取り組む保育園の園長先生、という
3名のインタビューと写真から構成されています。

いろいろと教えられます。

お子さんのいる家庭にかぎらず、一家に一冊どうぞ。


(西日本新聞社2009年1,200円+税)

|

« 室谷克実『悪韓論』 | トップページ | ヒューム『人性論』(一)大槻春彦訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。