« 安永浩『精神の幾何学』 | トップページ | 日下公人『日本精神の復活』 »

2013年6月28日 (金)

ヴァイツゼッカー『ゲシュタルトクライス 知覚と運動の人間学』木村敏・浜中淑彦訳

本書昔読んで、高度の専門的記述におののいた記憶だけが残っていましたが、今回読みなおしてみると、神経生理学の専門知識が増えたわけではないので、その点は今も変わっていませんが、その記述の中に息づいている思想の深さにあらためて驚かされました。

このところ木村敏の著書を読んでいることもあって、ヴァイツゼッカーの思想のエッセンスを何度も目にしているため、理解が進んだということもあると思います。それにしても、木村敏の解釈も見事です。この本からあれだけのことを引き出せるとは、やはり驚かないわけには行きません。

もう一人の訳者の浜中先生は坂田徳男の読書会「土曜会」のメンバーでもあり、訳者としても適任だったと思います。大橋博司先生もそうですが、坂田徳男のSinnの哲学の流れからすると、ヴァイツゼッカーの仕事も共鳴できたに違いありません。

ゲシュタルトクライスというのは行動の都度生成する人間のあり方ですので、坂田先生の言われる Sinn Kreis とも同じといえば同じですから(坂田徳男『人間崩壊さなかの哲学』)。

また、私の師匠の中村雄二郎の共通感覚論についての一連の仕事もヴァイツゼッカーと共鳴関係にあります。

生命現象のパトス的性格(293頁以降)や、知覚という行為の中に「述語的」性質(170頁)を見とっていることなど、実に面白いと思います。

ただ、中村先生に以前坂田徳男の本を紹介したことがありましたが、そちらの方は今ひとつピンときていなかったようでした。というか、坂田徳男の言うことが林達夫に似ているという感想を述べられただけにとどまりました。

ちょっと違うと思ったんですが、ま、いっか。

それはそうと、この機会に坂田徳男の幻の名著『性格学』も、もういちど読み返してみたくなってきました。

(みすず書房1975年5000円+税)


|

« 安永浩『精神の幾何学』 | トップページ | 日下公人『日本精神の復活』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。