« 浅川芳裕『日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率』 | トップページ | 金丸弘美『実践! 田舎力 小さくても経済が回る5つの方法』 »

2013年9月11日 (水)

アーノルド・ベネット『自分の時間 1日24時間でどう生きるか』渡部昇一訳/ Arnold Benett, HOW TO LIVE ON 24 HOURS A DAY

最近電子書籍端末の Kindle を購入し、この原書が無料でダウンロードできることを知ったので、早速読み始めました。

Kindleは辞書機能も付いているので、紙の辞書をひく手間が省けて、英文も快適に読めます。これはなかなかのスグレモノです。

ベネットの原書は2章まで読んで、その語り口の見事さに感心させられましたが、今朝本棚に渡部昇一の翻訳を見つけて、ついついその先が読みたくて、通勤途上で読んでしまいました。

英語の文章はのちほどゆっくり味わうことにして、ここではその訳書の感想を述べておきます。

記述は具体的で、自分を磨くための時間の確保の仕方が丁寧に説かれています。

・早起きをして、効率のよい時間をかつようすること
・意気込みすぎずに小さな達成から始めること
・内省する時間をもつこと
・通勤時間を活用すること
・1日90分を週3回ほど確保すること
・自分の専門分野を作ること
・ユーモアのセンスを忘れず、ほどほどに努力すること

などです。

読者へつねに語りかけるようなスタイルで、ユーモアも散りばめられていて、親しみが持てます。ベストセラーになったのも道理です。

翻訳は見事で、解説も行き届いています。ベネットの人となりもわかります。

英語の表現としてもいろいろ勉強になります。これから暗唱するつもりで楽しみます。

(三笠書房1990年480円)

|

« 浅川芳裕『日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率』 | トップページ | 金丸弘美『実践! 田舎力 小さくても経済が回る5つの方法』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。