« 竹田いさみ『世界史を作った海賊』 | トップページ | ジョン・R ・サール『心の哲学』山本貴光・吉川浩満訳 »

2013年10月25日 (金)

三浦しをん『政と源』

しをんワールド全開です。

これはほとんどそのままドラマか映画になりそうです。

幼なじみの爺さん凸凹コンビが東京下町を舞台に活躍します。

勝手に配役を考えると楽しいかも。

こういう世界を作り出せるなんて羨ましいです。

細部まで丁寧に作りこんであります。

このお話の構成の仕方は、今度自分の本を書くときにも参考にします。私が書くのは小説ではありませんが、ちょっとヒントを貰いました。

それはともかく、秋の夜長にお勧めの1冊です。

(集英社2013年1400円+税)

|

« 竹田いさみ『世界史を作った海賊』 | トップページ | ジョン・R ・サール『心の哲学』山本貴光・吉川浩満訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。