« 聖アウグスティヌス『告白』(下)服部英次郎訳 | トップページ | E.ジルソン『神と哲学』三島唯義訳 »

2013年11月14日 (木)

聖トマス『形而上学序説 有と本質について』高桑純夫訳

聖トマスが若いころに書いたと言われる形而上学の序説です。

所々にアヴィセンナを引き合いに出していて、かなり影響を受けていることがわかります。

形相とか実体、質量とかについての議論はアリストテレスの用語を消化した上で、キリスト教的な明確な立場からの展開が見られます。

その事が確認できたら、個人的にはもう十分なのですが、この粘り強い論理に付き合っていくと、それはそれで感心させられるところがあります。

無類の倫理観に裏付けられた、そして、自己顕示欲の全くないハイデガーみたいな感じがします。

まあ、格が違いすぎますけど、聖トマスには不思議な爽やかさがあります。

中公世界の名著シリーズもこれでようやく読む気になってきました。

と思って本棚を見ても、それらしいのは持っていませんでした。うーん、勘違いだったかなあ。

(岩波文庫1935年、1990年第7刷、310円)

|

« 聖アウグスティヌス『告白』(下)服部英次郎訳 | トップページ | E.ジルソン『神と哲学』三島唯義訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。