« イツァーク・ギルボア『意思決定論入門』川越敏司+佐々木俊一郎訳 | トップページ | プラトン『メノン』藤沢令夫訳 »

2013年12月27日 (金)

瀧本哲史『僕は君たちに武器を配りたい』(エッセンシャル版)

これからの先に読めない世の中に出ていく若者に向けて書かれた本ですが、先の読めない業界に身を置くおじさんにも有益でした。

本書にはいろいろと重要な指摘と具体的な方策が詰まっていますが、個人的に特に印象的だった点を勝手に以下にまとめます。


すなわち、著者によれば、弱肉強食の資本主義社会においては、起業家/投資家としての視点を持ちながら、以下のような点に力を注ぐことが大切になります。

1.起業する場合には「仮想敵」のいる市場を狙うこと(吉野家を仮想敵にした松屋、マイクロソフトを仮想敵にしたアップル)

2.イノベーションの武器としての英語の重要性(今ある技術を組み合わせてイノベーションを生み出す際に世界市場に向けて情報を発信するツールとしての英語は必要不可欠な武器になる)

3.幅広い分野の学問領域を横断的に学ぶ教養科目、すなわち「リベラル・アーツ」の有用性(多角的/複眼的思考力、問題発見/解決能力、コミュニケーション能力、人格陶冶)

といった3点です。

サラリーマンとして人に使われるための能力は著者に言わせると「奴隷の勉強」です。実際、このところ大学なんかもこればかり磨いているので、簡単に取替えのきくワーキング・プア製造機関になりかねません。

とりわけリベラル・アーツの効用が強調されているところは新鮮でした。人と人、能力と能力をつなぐ触媒になるための基礎も養われると思います。今日の大学(大手以外)もこれにシフトすることができれば生き残りは可能ですね。

しかし、大学が動脈硬化に陥っている現状では、時代の先端を見据えた私塾を開くことを本気で考えなければならないと思います。開きましょうか。

(講談社文庫2013年476円税別)


|

« イツァーク・ギルボア『意思決定論入門』川越敏司+佐々木俊一郎訳 | トップページ | プラトン『メノン』藤沢令夫訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。