« ダン・アリエリー『ずる 嘘とごまかしの行動経済学』櫻井祐子訳 | トップページ | E・ジルソン『理性の思想史』(三島唯義訳) »

2014年1月31日 (金)

瀧本哲史『武器としての交渉思考』

『武器としての決断思考』と同様スリリングな本です。併せて読むと効果的です。

『決断思考』は「ディベート思考」についてでしたが、本書は「交渉」についてです。それも、具体的な実例をあげながら解説されているので、よくわかります。教室でも行うことができます。

京都大学で一番の人気講義だというのもうなずけます。このエッセンスは京大だけにとどめておくわけにはあまりにも惜しいので、本書があって助かります。私も来年度からの授業に早速活用させてもらうことにします。

著者は「頭の良い人が作った仕組みやルール」が今日の日本社会ではもはや行き詰まりを見せているととらえ、こう言います。

「だからこそいま、若い世代の人間は、自分たちの頭で考え、自分たち自身の手で、合意に基づく『新しい仕組みやルール』を作っていかなければならない。そのために交渉の仕方を学ぶ必要があるのです」(26頁)

社会心理学や意思決定理論の成果を踏まえながらも、あくまで現場の交渉に密着した形で議論が進められていくのは、わかりやすくて説得力があります。そこには実際に投資家として活動してきた著者ならではの経験と考察が光っています。

著者は若者たちに「自分自身が、自分の今いる場所で小さいながらも集団をつくり、そこでリーダーとなっていく」(329頁)ことを呼びかけます。

これまで官僚型エリートでなければリーダーに盲従する鉄砲玉の養成しかしてこなかった大学も、こういう人が出てくることで、少しずつ変わってくるかもしれません。また、そうでないとこのとりわけ若者が陥っている閉塞状況は打開できないでしょう。

若者に限らず広く読まれてほしい本です。若者をサポートする人びとにも勇気と元気を与えてくれます。

(星海新書2012年860円税別)



|

« ダン・アリエリー『ずる 嘘とごまかしの行動経済学』櫻井祐子訳 | トップページ | E・ジルソン『理性の思想史』(三島唯義訳) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。