« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

小坂井敏晶『社会心理学講義 〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉』

今日の社会心理学はどちらかというと瑣末な心理実験に明け暮れている印象があり、一般的な教科書でも通読に堪えるものが少ないのが現状です。

その点で、本書は副題にあるような社会変容、文化変容に関する問題意識を軸に、様々な知的領域に踏み込みながら議論を展開していて、知的刺激に満ちています。あとがきによると本来の本書のタイトルは『社会心理学の敗北』だったそうですから、著者がこの学問の現状に満足していなかったことが窺われます。

本書は、この学問領域で「実験」にうんざりしている学徒にとっては教科書の副読本以上の効果が期待できますし、一般読者にとってもあまり馴染みがあるとは言えないこの学問が本来持っていた問題意識を共有することができると思います。

本書で考察されている少数者の社会全体に対する影響や、文化変容の問題は、民族問題や差別意識の問題、異文化交流といった人類共通の難問解決に多くの手がかりが得られると思います。

それはそれとして、本書では何よりも著者の考える姿勢が見事です。専門家も一般読者もこの点に一番学ぶべき点があるように思います。なにせわれわれはすぐに自分の頭で考えることを放棄し、外国人タレントの紹介でなければ密輸にいそしむという、これまた極めて日本的な社会心理の支配下にあるからです。

著者はアメリカでも日本でもなく、パリで社会心理学を教えている先生ですので、わが国の閉じられた社会的な因習からは免れている感じがします(当然様々なご苦労をされているはずですが)。それよりむしろ、地の利、人間関係や文化の利を学問研究に活かしているところがあります。

この点で本書は、型破りな社会心理学というより、むしろ社会哲学の基礎理論として多くの示唆を得られます。

多くの学生に読んでほしい本です。来年度の講義では学生に勧めましょう。

(筑摩選書2013年1900円+税)

| | コメント (0)

2014年2月26日 (水)

瀧本哲史『君に友だちはいらない』

そう、要るのは「仲間」だという本です。

そのとおりだと思います。

目的を同じくする仲間こそがこれからの本格的な資本主義の世の中を生き抜いていくために必要なのです。

著者はこれを秘密結社、ネットワーク、チームアプローチ、ゲゼルシャフトといったキーワードを巧みに用いながら、実にわかりやすく説明してくれます。

とりわけ、そうした活動の中で多様な人々と出会うことによって生まれるイノベーションについて多くのヒントを与えてくれます。

本書で触れられているフランス・ヨハンソン、マーク・グラノヴェッター、ロナルド・S・バートの3名の仕事はフォローしておきたいと思います。

ヒントがたくさん。あとは各人でどう活かして行くかですね。

学生は必読です。これで3巻完結ですね。

これからの時代を生き抜くための重要な指南書です。

(講談社2013年1700円税別)

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

高山正之『高山正之が米国・支那・韓国・朝日を斬る 日本人をますます元気にする本』

このところデカルトや思想史の本を繰り返して読んでいましたが、論文もひとまず終わったので、このブログもまたぼちぼち更新していきます。

さて、本書は高山正之らしく、新聞や教科書に載っていない話が凝縮されている本です。

新聞記者出身ということもあり、きっちりと裏を取って、事実や定量的なデータ、きっちりした文献に基づいて書かれているので、いろいろ勉強になります。むしろ最近の記者はこういことが一番苦手なのではないかと思いますが。

たとえば、カンボジアとポト派の歴史なんかが半ページくらいの間にスッキリ分かる形でまとめてあります。それにしてもポト派の虐殺のすさまじいこと。そして、ちゃんとこのやり口にもお手本があったんですね。

著者に学ぶべきことは本当にたくさんあります。今後もしっかり勉強させてもらいます。

(株式会社テーミス、2013年1,000円+税)





| | コメント (0)

2014年2月11日 (火)

『世界の大思想〈第7巻〉デカルト 方法序説 省察 哲学の原理』

必要があって現在デカルトとアウグスティヌスについてまとめているため一気読み。

「省察」と「哲学の原理」の桝田啓三郎訳が特にいいと思います。どちらもラテン語から訳され、フランス語版との異同も明示されていて便利です。

また、巻末の澤瀉久敬の解説も「省察」の中の神の存在証明がカモフラージュであるという「一部の哲学史家」の考えをきっちり退けていて、本書全体のデカルト解釈の方針が実にしっかりしていることがわかります。

デカルトの自然科学や物理学は生前からまるっきり賛同を受けず、有名な「われ思う、ゆえに我あり」についても、カトリックの側からはアウグスティヌスに書かれていることと同じだという指摘を受け、歴史の挟み撃ちにあったような状態でした。

実際のところ、批判する側にもかなり分があったのは確かですが、それにもかかわらず、デカルトが近代哲学の礎を築いたことになったという事情は、個人的にはあらためてちょっと整理しておく必要があると思っています。

(河出書房新社1965年)

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

E・ジルソン『理性の思想史』(三島唯義訳)

デカルトとアウグスティヌスの関係を確認したくて読みました。

さすがに中世思想史の大家だけのことはあって、その情報量とそれを扱う手さばきの見事さには感心させられます。すべてを理解するためには後3回くらい読み返す必要がありそうです。

個人的な興味では、デカルトが生前からアウグスティヌスの影響を指摘されるのを嫌がっていたとあって、なるほどさもありなんです。本書では出典も明記されているので参考になります。

あと、コントやヘーゲルについての理解も勉強になりました。特にコントはあまりちゃんと論じられていないだけに、ヘーゲルとともに「物理的決定論を拡大して社会的諸事実にを包含させ」(330頁)たという評価は面白いと思いました。

本書もようやく読み終えたので、これからちょっと論文をまとめなければいけません。

本書にも言及しつつ、社会学的思考の系譜をたどってみます。

(行路社1988年6刷3200円+税)

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »