« ギルボア2冊 | トップページ | 増田四郎『歴史学概論』 »

2014年4月29日 (火)

フランス・ヨハンソン『成功は“ランダム”にやってくる チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方』池田紘子訳

新しいアイデアや科学的発見はどうやったら可能になるのかと言えば、答えは偶然の幸運な展開の中にあるということにほかならず、そこでは確固たる発想法が確立されているわけではありません。もしそうならみんなやってますよね。

本書も偶然の積み重ねのような成功事例をこれでもかとばかりに挙げてくれています。特にルールが厳密化されたスポーツやクラシック音楽とは違って、素人が参入しても爆発的成功をおさめることができるビジネスのような分野は、調べれば調べるほど成功の鍵は幸運と偶然以外の何物でもなかったりするようです。

実際、グラッドウェルの言う鍛錬のための「1万時間ルール」が意味をなさない場所のほうが、人生の多くの局面で圧倒的多数を占めるようです。

要するに成功には法則性がない=「ランダム」だ、ということなのですが、著者はその中からチャンスをつかむための一般的心得を可能な限り抽出して示してくれます。

たとえば

・自分とは異なる分野、異業種を探索する
・多様性のあるチームを作る
・小さな賭けをたくさん行い、すぐにフィードバックする
・ともかく一歩踏み出して考える
・情熱をモチベーションにする
・好機(クリック・モーメント)到来と見たら、倍賭けをする
といった、イノベーションを可能にするための周囲の環境を整えることが丁寧に説明されています。親切な本です。勇気づけられます。
翻訳は全体に読みやすいのですが、「独擅場」というべきところを「独壇場」と訳しているところが2箇所(54頁,81頁)ありました。最近はひょっとして広辞苑などにも独壇場が収録されているのかもしれませんが、やはり恥ずかしい誤用だと思います。プロの編集者も校正も気がつかない時代になったんですね。

(阪急コミュニケーションズ2013年1700円+税)

|

« ギルボア2冊 | トップページ | 増田四郎『歴史学概論』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。