« マーサ・スタウト『良心をもたない人たち』木村博江訳 | トップページ | ロバート・I・サットン『あなたの職場のイヤな奴』矢口誠訳 »

2014年5月30日 (金)

マイケル・カプラン&エレン・カプラン『人はなぜ過ちを犯すのか』山内あゆ子訳

人がつい犯してしまう過ちを最新科学の成果を取り入れつつ豊富な実例とともに丁寧に論じた本です。

人は権限を持った途端に他態度が横柄になるというグルーエンフェルドのクッキー実験や、2005年に実施された49カ国のパーソナリティ調査については授業でもできるので、ありがたいです。

グルーエンフェルドの実験というよりは筆頭著者のケルトナーの実験と言ったほうが正確ですが、なぜか他の本でもグルーエンフェルドの名前が上がっています。今読んでいるサットンの本ではようやくケルトナーの名前が出てくるようになりました。この論文の元になった原稿が出版されていないマニュスクリプト(草稿)なので、混乱が生じているのかもしれません。

国民性と言われるものが実はほとんど意味をなさないという調査も興味深いです。「どの国よりも冒険心に富み、開放的で、生活全般において活発なのは」(364頁)なんとだったりするんですね。
同じページに「コックはフランス人、警察官はイギリス人、エンジニアはドイツ人、恋人はイタリア人、銀行家はスイス人なら天国だ、とたいていの人は思う(コックがイギリス人、警察官がドイツ人、エンジニアがフランス人、恋人がスイス人、銀行家がイタリア人なら地獄だ)」とありますが、これはいろんなバージョンが出回っている世界的に有名なジョークですね。

しかし、こうした典型的なお国柄というのは、パーソナリティテストの結果と比べてみるとまったく正確ではないようです。それはまたそれで面白いことですが。

翻訳はところどころ意味が取りにくかったり、首を傾げる表現があったりします。76ページに「すべからく」をすべての意味で用いているところがあって、「うげっ」ときますが、編集者も見逃さないでもらいたいです。

328ページの「二百五十年前だったら、フレデリック大王は、シュレージエン地方を手に入れようとし」のところも、これはあの啓蒙専制君主のフリードリッヒ大王のことですね。ドイツ語で呼んでやってください。

全体にはそれほど読みにくい訳文ではないだけに、翻訳者も編集者もちょっと調べるだけの手間を惜しんでいるのは残念です。本のタイトルに沿った行動ではありますが。

(ソフトバンク・クリエイティブ2011年1900円+税)

|

« マーサ・スタウト『良心をもたない人たち』木村博江訳 | トップページ | ロバート・I・サットン『あなたの職場のイヤな奴』矢口誠訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。