« フランス・ヨハンソン『メディチ・インパクト』幾島幸子訳 | トップページ | マイケル・カプラン&エレン・カプラン『人はなぜ過ちを犯すのか』山内あゆ子訳 »

2014年5月28日 (水)

マーサ・スタウト『良心をもたない人たち』木村博江訳

周辺にサイコパスが何人かいるので、対策のために読みました。

著者のセラピストとしての豊富な経験が活かされた好著です。
典型的な人物を(架空ですが)登場させて論じていくので、具体的でわかりやすいです。こういう書き方は参考になります。

とにかくサイコパスとは関わらないのが大切だということで、私も心して対処したいと思います。つまり、ま、にこやかに挨拶くらいはするけど、それだけにしておきます。

そういえば、同僚も同じこと言ってましたね。賢い人だ。

これが上司だったりしたらたまったもんじゃありませんが、そちらについては、ロバート・サットンの『あなたの職場のイヤな奴』と『マル上司、バツ上司』を参考にしたいと思います。

翻訳はいいと思います。読みやすいです。

(草思社文庫2012年760円+税)

|

« フランス・ヨハンソン『メディチ・インパクト』幾島幸子訳 | トップページ | マイケル・カプラン&エレン・カプラン『人はなぜ過ちを犯すのか』山内あゆ子訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。