« 増田四郎『歴史学概論』 | トップページ | マーサ・スタウト『良心をもたない人たち』木村博江訳 »

2014年5月18日 (日)

フランス・ヨハンソン『メディチ・インパクト』幾島幸子訳

先日読んだヨハンソンの『クリック・モーメント』の10年近く前に書かれた本です。

今手に入りにくくなっていますが、はっきり言って『クリック・モーメント』を読めば十分です。この著者に限って言えば、二作目のほうが面白いかもしれません。ふつうは二番煎じになるところが、話題がいっそう豊富に収録されていて、厚さも増してお買い得感があります。

とはいえ、本書もいいところはあります。特にブレーンストーミングのちょっとした工夫とか、リスク・マネージメントをうまく発明・発見に結びつける方法が面白かったです。

社会心理学の講義に使おうと思って『クリック・モーメント』と併せて4〜5回読み返しましたが、どちらも面白いエピソードが丹念に拾い集められているので、退屈しません。

あとは学生に面白さを伝えられるように頑張るだけです。

(ランダムハウス講談社2005年2200円税別)

|

« 増田四郎『歴史学概論』 | トップページ | マーサ・スタウト『良心をもたない人たち』木村博江訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。