« ニーアル・ファーガソン『文明 西洋が覇権をとれた6つの真因』仙名紀訳 | トップページ | M・スコット・ペック『平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学』 »

2014年6月25日 (水)

水島広子『上司・友人・家族・ご近所… 身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本』

こういう問題で悩まされている人にとっては福音です。

実にわかりやすく具体的な助言がなされています。

攻撃してくる人というのは「一見エラそうに見えても、実は傷ついていて、本当の意味で自信がない人たち」(41頁)ですので、実は「困っている人」だと著者は言います。

そこで、決して自分を被害者だと思わずに、しかし、嫌なことをされた衝撃は一過性のものとして反応しつつ、相手の土俵に乗らないことが肝要です。反撃するのは全く効果的でないとも著者は言います。

攻撃してくる人は困っている人と見て、自分は「攻撃された被害者」ではなく、「自由な他人」として、攻撃をかわすことが推奨されています。

特に重要な人や親しい人でなければ、かわすことがベストのようです。

しかし、こちらも聖人君子ではないので、やはり反撃したくなるんですよね。そして、その気持ちを抑えるためにも本書は役に立ちます。

著者の指摘で「他人を攻撃するとき、人は自分自身のことも攻撃しているのです」(71頁)とあるのは納得です。そうした人は実はこちらから反撃するまでもなく日々自爆を繰り返しているのがわかりますから。実際に変な行動を繰り返す人は、ストレスフルで病気をしたり、妙に老けたりしてますもんね。

一説によると、脳は主語を理解できないので、相手を悪く思うと脳は自分のこととしてダメージをうけるそうです。分かる気がします。

いずれにしてもそういう人は、身体から立ち上る悪意を周囲にくろぐろと漂わせていたりするから、近寄りたくなくなります。

職員を騙って脅迫状を寄越したり、友だちでもないのにFBでブロックしてみたり、ちょっとしたものをくすねたり、盗み見したりと変なことする人はありますが、周囲の人はみんな気がついています。人間の直感というものはあなどれません。気づかないのは本人だけという状況です。

これは一例ですが、こんなのが一人だけではなく組織全体には何人もいるのだから厄介です。そのうえ権力を持っていたりすると手が付けられません。

ちなみに、こうした連中からの匿名の脅迫状だけでも組織の中枢の部署の担当者は(おそらくは各部署から)たくさんもらうそうですから、原始時代の人間の少なくとも4人に1人は殺人で命を落としていたという話は、実行を伴わないだけで、今日もその動機だけはずっと生き続けているようです。
くわばらくわばら。

でも、本書を読むことで今後とるべき方法が確認できてありがたかったです。

(大和出版2012年1300円+税)



|

« ニーアル・ファーガソン『文明 西洋が覇権をとれた6つの真因』仙名紀訳 | トップページ | M・スコット・ペック『平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。