« ヘーゲル『哲学入門』武市健人訳 | トップページ | ティム・ブラウン『デザイン思考が世界を変える イノベーションを導く新しい考え方』 »

2014年9月29日 (月)

ヘーゲル『小論理学』松村一人訳

『哲学入門』を読んだついでに、やはり気になって『小論理学』を再読。今日は東京行き帰りの新幹線(こだま)の中で5時間ヘーゲル三昧でした。上下巻とも目を通しましたが、今の私の関心では、やはり下巻の本質論と概念論が興味深かったです。

覚書も兼ねて印象深い箇所をここに引用しておきます。

「理念は、これをさまざまの仕方で理解することができる。それは理性であり(これが理性の本当の哲学的意味である)、さらに主観即客観であり、観念的なものと実在的なもの、有限なものと無限なもの、魂と肉体との統一であり、その現実性をそれ自身において持っている可能性であり、その本性が現存するものとしてのみ理解されうるものである、等々。なぜなら、理念のうちには悟性の相関のすべてが、無限の自己復帰と自己同一においてではあるが、含まれているからである」(212頁)

ヘーゲルは人間が思考する際にはいつも、ほとんど無限の、神に近い創造性が絶え間なく示されているということに気がついて、伝統的形式論理学を作りなおしてしまったようなところがあります。それで、論理の中に時間や歴史的価値や目的を全部取り入れてしまいました。弁証法論理はそれが可能なのだということを示してみせたことは、やはりヘーゲルの偉大な発見といえるでしょう。

ヘーゲルの文章は独特の用語が積み重ねられて難解なところは多々ありますが、ポストモダンの哲学者みたいに難解さを衒っているわけではありません。ドイツ語原文はドイツ語の基本的な語彙をその原義から丁寧に組み合わせて体系化しようとしています。

思考は複雑で重層的(時折身勝手)ですが、文法的にはむしろ単純なくらいです。著者の情熱は痛いほど伝わってきますが、その気持をさらに別の人に伝えようと思ってもなぜかできないというもどかしさもあります。単なる内容の受け売りでは、さっぱりわからなくなるのがオチです。

ところで、本書でも時折展開される宗教的議論に関しては、ヘーゲルは実にわかりやすい(しかも熱心な)クリスチャンです。善悪のとらえ方などストレート過ぎるくらい典型的です。神についてはこんなにわかりやすいことを言う人が、えらくややこしい哲学を展開するというそのギャップにも興味深いものがあります。

このついでに『大論理学』も再読しましょうかね。

(岩波文庫1978年改版)

|

« ヘーゲル『哲学入門』武市健人訳 | トップページ | ティム・ブラウン『デザイン思考が世界を変える イノベーションを導く新しい考え方』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。