« 石川幹人『だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学』 | トップページ | 水島広子『整理整頓 女子の人間関係』 »

2014年10月16日 (木)

橋本治『これで古典がよくわかる』

題名通りの本です。ほんとうによくわかります。

漢詩文が教養で、ひらがながマンガだったという時代から、和漢混淆文が出てきてようやく日本語の文章が話し言葉を活かした表現として確立されていく道筋が、実によくわかります。

で、カタカナは漢字の方に属する文字なので、漢字カタカナ混じりの文章は、漢文の延長で、教養や権威に属するんですね。大日本帝国憲法をはじめ、法律の文章はその伝統を受け継いでいたわけです。

文学的な読みの鋭さも著者ならではのもので、「あはれ」は「ジーンとくる」、「をかし」は「ステキ」という絶妙な訳語が示されています。これは学者にはできないことですが、説得力はさすがです。

源氏物語の歌の解釈の鋭さには鳥肌が立ちました(251〜252頁)。

一家に一冊どうぞ。

(ちくま文庫2001年680円+税)

|

« 石川幹人『だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学』 | トップページ | 水島広子『整理整頓 女子の人間関係』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。