« 瀬戸賢一『日本語のレトリック』 | トップページ | 渡辺京二『無名の人生』 »

2014年11月13日 (木)

早野龍五・糸井重里『知ろうとすること』

できるだけ多くの人に読んでもらいたい本です。

著者の早野さんはあとがきでこう述べています。

「原発の事故は、起きてしまったことです。しかし、そこに生じた問題について科学的に考え、アプローチする態度が身についたら、将来大きな力になる」(172頁)

この科学的リテラシーがわかりやすく説かれたいい本です。

これで、無用に放射能を怖れることなく、適切な対応をするための第一歩が踏み出せるように思います。

早野さんの発言からの引用をもう一つ。

「内部被ばくに関しては、危険なことはない、ということが納得できる状況になりました。そこはもう、決着をつけることができたとぼくは思っています。この事実を、どうやって人々の間に浸透させていったらいいか、というのは、まだこれからなんですが」(86頁)

そうなんですよね、でも、この本が多くの人に読まれることで、これから目に見えて変わってくると思います。

あとがきで糸井さんが、「よりスキャンダラスでないほう」で、「より脅かしてないほう」、「より正義を語らないほう」、「より失礼でないほう」そして、「よりユーモアのあるほう」の意見を参考にするとあります(180頁)。

これは確かに有効なリトマス試験紙になります。ツイッター上のデマの飛ばし屋さんたちはみんなこれにひっかかります。

それにしても、糸井さんの書くものはここ何年か見ていると、ますます穏やかに鋭くなっていて、アランみたいだなと感心させられます。

(新潮文庫2014年430円税別)

|

« 瀬戸賢一『日本語のレトリック』 | トップページ | 渡辺京二『無名の人生』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。