« ダン・ガードナー『リスクにあなたは騙される』田淵健太訳 | トップページ | 早野龍五・糸井重里『知ろうとすること』 »

2014年11月 8日 (土)

瀬戸賢一『日本語のレトリック』

短大の新カリキュラムでレトリック論をやることになったので、いろいろ教科書を物色していて、結局これに落ち着きました。佐藤信夫や香西秀信の本も良かったんですけど、本書が一番読みやすくてレトリックの種類が整理されていました。

レトリックが30種類で、文例も豊富で面白かったです。ジュニア新書で14刷というだけのことはあります。問題はこれを材料にどんな授業用の設問を作るかということで、今はそちらの方に頭を悩ませています。春休みの宿題になりそうです。

講義名は「説得とレトリック」です。議論や説得の話は本書にはほとんど出てこないので、やはりここは香西秀信の本を参考書として指定して、議論術への道案内をするのが妥当でしょうね。

まあ、教材づくりの方はぼちぼちやっていきます。

(岩波ジュニア新書2002年820円+税)

|

« ダン・ガードナー『リスクにあなたは騙される』田淵健太訳 | トップページ | 早野龍五・糸井重里『知ろうとすること』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。