« マルティン・ルター『新訳 キリスト者の自由・聖書への序言』石原謙訳 | トップページ | スチュアート・サザーランド『不合理―誰もまぬがれない思考の罠100』 »

2014年12月30日 (火)

ベーコン『ノヴム・オルガヌム(新機関)』桂寿一訳

ベーコンも何度も読み返していますが、読むたびに発見があります。やはり只者ではありません。

今回は人間の知性を歪めるイドラ idola(幻影・妄想)について述べられた以下の表現が印象的でした。

人間の知性は(或いは迎えられ信じられているという理由で、或いは気に入ったからという理由で)一旦こうと決めたことには、これを支持しこれと合致するように、他の一切のことを引き寄せるものである。そしてたとい反証として働く事例の力や数がより大であっても、かの最初の理解にその権威が犯されずにいるためには[ときには]大きな悪意ある予断をあえてして、それら[反証]をば或いは観察しないか、或いは無視するか、或いはまた何か区別を立てて遠ざけ、かつ退けるかするのである(「アフォリズム第1巻46」87頁)

この直前には次のような記述もあります。

「人間の知性はその固有の性質から、それが見出す以上の秩序と斉一性とを、容易に事物のうちに想定するものである。そして、自然においては、多くのものが個性的で不等であるのに、知性は実際にはありもしない並行的なもの、対応的なもの、相関的なものがあると想像する」([45]86頁)

何とか細胞とかいろいろ連想させられます。

人間の間違いについての本を書いている最中ということもあり、こういうところにはあらためて感心させられます。

英語版はKindleの全集で読んでいますが、文章は明解でリズムが良く、ネイティヴ聞いてみなければわかりませんが、かなりの名文なのではないでしょうか。
(岩波文庫1978年660円+税)

 

|

« マルティン・ルター『新訳 キリスト者の自由・聖書への序言』石原謙訳 | トップページ | スチュアート・サザーランド『不合理―誰もまぬがれない思考の罠100』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。