« 土屋恵一郎『処世術は世阿弥に学べ』 | トップページ | ジャック・フォスター『新装版 アイデアのヒント』青島淑子訳 »

2015年1月29日 (木)

マルコム・グラッドウェル『逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密』藤井留美訳

グラッドウェルらしい本です。目の付け所といい、話の展開といい、お見事としか言いようがありません。

こんなふうに本を書けるなら、筆だけで立つことができますね。見習いたい。

本書の原題の「ダヴィデとゴリアテ」のところは著者自身によるTEDのスピーチでも見ることができます。よろしかったらどうぞ。

かくいう私もこのスピーチを聴いたのがきっかけで本書を手にとったのですが、本書はこれが序章で、ここからさらに面白い話が展開されています。

本書では、並みの大学の優等生のほうが一流大学の並みの学せよりも優秀なこととか、識字障碍者の能力の発揮、命からがらの経験をくぐり抜けることが幸福感や充実感につながる「リモートミス」などが特に印象に残りました。

社会心理学の授業に役立つ話題もたくさんありますが、残念ながら、4月からは非常勤のコマはなくなるようです(正式な連絡がないままの雇い止めです。なかなかのブラックだわ〜)。

ただ、本務校で新カリキュラムに社会心理学が入るので、来年度の科目ですが、そちらに活かすことにします。拾う神もあるものです。

著者は「強者は見た目ほど強くはなく、弱者は見た目ほど弱くない」(246頁)と言います。「怖がることを怖がらなければ」活路は見出だせるようです。

実際、これまでの経験の中で格好ばかりの強者をたくさん目にしてきましたから、これは身にしみてわかります。実は臆病で、自分を飾ることしかできず、侠気と無縁の輩って、ほんとにたくさんいるんです。もちろん、そうした連中が権力をもっている場合には慎重に対処しなければなりませんけど。

(講談社2014年1400円税別)

|

« 土屋恵一郎『処世術は世阿弥に学べ』 | トップページ | ジャック・フォスター『新装版 アイデアのヒント』青島淑子訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。