« マルコム・グラッドウェル『天才! 成功する人々の法則』勝間和代訳 | トップページ | 日本説得交渉学会2015年第1回講演会・研修会 »

2015年2月 9日 (月)

『ドイツ語で読む珠玉の短編 対訳 目に見えないコレクション・広間にて・パン』諏訪功

NHKラジオドイツ語講座のテキストに連載されている読解・対訳記事をまとめたものです。今連載されているのはケストナーの『飛ぶ教室』ですが、連載が完結してしばらくたら、こうして本にまとめてくれるので楽しみです。

本書はヴォルフガング・ボルヒェルト「パン」、シュテファン・ツヴァイク「目に見えないコレクション」、テーオドア・シュトルム「広間にて」の3作品が収録されています。

ボルヒェルトの作品は現代的でちょっと痛々しい短編。ツヴァイクの作品はダールの短編と似た味わいがありました。オチのあるお手本のようにうまい短編です。シュトルムの「広間」は老人の回想のなかに世代を異にするいろんな人が登場するという、意外に斬新で印象的な作品でした。

シュトルムは『みずうみ』で知られていますが、未読です。これをきっかけにいずれ読んでみることにします。

対訳なのに、ドイツを原文をほったらかして日本語だけ読んでしまったので、感想だけ先に書いておきます。これからドイツ語の勉強のために電車の中で原文の表現を確認することにします。

(NHK出版2012年950円+税)

|

« マルコム・グラッドウェル『天才! 成功する人々の法則』勝間和代訳 | トップページ | 日本説得交渉学会2015年第1回講演会・研修会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。