« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月27日 (金)

望田幸男・芝井敬司・末川清『新しい史学概論[新版]』

歴史学概論のユニークな教科書です。

自分史を書くことや卒論の書き方を通じて、歴史学の研究方法と思考法が具体的にイメージできるように作られています。

後半の「生きるための歴史」における現代政治の評価の分かれる出来事については、著者たちは古典的な進歩的知識人の立場ですので、懐かしい感じがします。

こういうナイーブな先生方も最近は少なくなってきた気がします。

4月からの非常勤の歴史学の授業には本書を大いに参考にさせていただきます。

(昭和堂2002年2200円+税)

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

本山勝寛『ハーバード合格 16倍速英語勉強法』

英語学習の指南書として学生に勧めたい本です。

短期間で英語のレベルを上げる方法が具体的に書かれていて、いろいろ参考になります。

短期間とはいえ、1年で2000時間くらいは確保しなければいけないこともはっきり書かれていて、魔法のようなことを言ってたぶらかせようとする本でないことがよくわかります。著者の誠実さが伝わってきます。

有用な書物とかインターネット上の教材など、具体的に示してくれているのが助かります。

これから短大専攻科で英語英文学を勉強する学生たちと付き合っていくことが増えますが、英語が得意でない学生にはぜひ一読を勧めたいと思います。

(朝日出版社2015年1300円+税)

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

髙山正之『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった』

本書は著者が2011年に出した『白い人が仕掛けた黒い罠』の改題・改訂版とのことですが、読んでしまってからそのことに気が付きました。

これで二度読んだことになるのかどうか、今回も新鮮な気持ちで読めたのは結構改訂が施されていたからでしょうか。

著者の取材力と文献処理能力は名高い大学教授や作家をはるかにしのぐものなので、題名にアレルギーを起こしそうな人も一度お読みになってみるといいと思います。

とりあげられている文献については私もこれから芋づる式にたどって読んでいきたいと思います。

本書では後藤乾一、林博史、高橋奈緒子といった学者先生だけでなく、司馬遼太郎の歴史観のえげつなさもきっちり指摘されていて、いろいろと刺激的です。

本書では週刊新潮連載コラム「変見自在」でしばしば凝縮して書かれてきた戦史の貴重で興味深い事実がまとまって読めますので、知識の整理にも役立ちます。

それにしても、世界は腹黒さに満ち満ちているということがよくわかります。

お人好しでナイーブな学者では太刀打ちできません。

(ワック株式会社2014年930円+税)

| | コメント (0)

2015年3月20日 (金)

高田文夫『誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで』

高田文夫が大病をしていたとは知りませんでした。

幸いにも死の淵から帰ってきてくれて、このめっぽう面白い本を残してくれました。

本書は「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」をポッドキャストで聴いていて、出版されたとのことで、すぐに買って読んじゃいました。

芸能界の裏と表とを行き来しながら60年。いろんな芸人のエピソードが満載です。

世代的には60歳くらいまでの方なら同時代という感じで読めるのではないかと思います。私の場合はテレビでおなじみだった人が7〜8割方でしょうか。

でも、面白いです。

後半のビートたけしとの付き合いについて書かれた部分が、雑誌連載ではなくて、本書のための書き下ろしで、とりわけスピード感にあふれて生き生きしています。

現代芸能史のまさしく生き証人です。テレビの全盛期やお笑いの質の変化が見事に描かれています。これからもまだまだいろいろ書いてほしいです。

(講談社2013年1250円税別)

| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

日本説得交渉学会2015年第2回講演会・研修会のお知らせ

日本説得交渉学会会員の皆様

皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
先般行われました、日本説得交渉学会第1回講演会では
お陰様をもちまして、30名近い参加者を得て、
成功裏に終わりまし た。
仕事力は勿論のこと、
女神のような外見力の柳田貴子先生、
ゴッドマウスの如き柴田先生、
講演内容が濃いのは言うまでもなく、
外見力と力動性には圧倒されまし た。

当学会では6月13日(土)午後2時から6時まで、
2回目の講演会を開催いたします。
上記二先生には、(その2)を講演していただき、
新しく三苫先生にも興味深い講演をしていただく
ことになっております。

午後2時30分から3時30分まで柳田貴子先生
  「外見力は仕事力(その2)」
   参考URL http://www.almind.jp/about/about.html

午後3時35分から4時35分まで柴田純男先生
   「苦情対 応の実践とテクニック:苦情対応における心理的メカニズム(その2)」
   参考URL http://www.shibata-cs.com/profile.html

午後4時40分から5時40分まで三苫民雄先生
 「間違いの効用:創造的な社会に向けて(その1)」
   参考URL  http://thinkers.txt-nifty.com/

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

『今』写真 竹沢うるま 詩 谷川俊太郎

竹沢うるまの写真と谷川俊太郎の詩の言葉が交互に登場するつくりになっています。

詩は1篇の作品なのですが、そのフレーズが少しずつ見事な写真の間に散りばめられていて、それが写真と付かず離れずの絶妙な間合いでブレンドされています。

巻末には詩の全体とその英語訳も載っています。

何度も何度も見返し、読み返しています。

値段も手頃ですし、外国人の友人のおみやげに何冊か買っていくつもりです。

(小学館2015年1,000円+税)

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »