« 2015年4月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年6月

2015年6月 6日 (土)

Jack Foster, HOW TO GET IDEAS, Second Edition

邦訳『アイデアのヒント』(青島淑子訳、阪急コミュニケーションズ、2003年)を読んで、これは是非原語でも読みたいと思ってKindle版を入手しました。電車の中で読み続けて、先週ようやく読了しました。

第2版はかなり増補されていることもあって、Kindleではいつまでたっても終わらないなあと思っていたら、Kindle版は注釈が全体の3分の1くらいのページ数があって、表示がなかなか進まないだけの話でした。よく見たら本文は183ページとまあ、手頃な厚さでしたが、これはペーパーバック版を買って確認しました。

注釈はKindleでは文字数を小さくしないので、頁が増える感じになります。ただ、リンク先に飛べるのは便利ですね。

内容はアイデアを生み出すために必要な心得がほとんど全部書いてあるという感じです。まあ、邦訳を読んだときと感想は同じですが、著者のユーモラスな語り口が親しみやすく、楽しい本になっています。

英語で読むと難しい単語が少なくて、英語の教材としても英検準一級くらいのレベルにちょうどいい語彙で、英語をブラッシュアップしたい人にもお勧めです。

個人的にはかなり気に入ったので、音声の収録されたCDも買っちゃいました。iPhoneに入れてときどき聞いています。ただ、おじさんの声優さんであまり声が良くないのがちょっと残念な気もします。

しかし、原書でこの5分の1にも満たないジェイムズ・ヤングの『アイデアのつくり方』が、邦訳では厚さも値段もあまり変わらないというのは、フォスターの本が注釈をカットされたからといっても、不思議な気がします。

いずれにしても、この第二版もいつか邦訳が出てほしいものです。

(Berette-Kohler Publishers, Inc., 2007., 1400円)

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

森沢洋介『英語上達完全マップ』

副題に「初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法」とありますが、看板に偽りありません。

各レベルで具体的に何をしたらいいか、また何をすると無駄なのかということも、懇切丁寧に述べてあります。

本書がまず最初に奨める勉強法が、音読と瞬間英作文で英語を身体に定着させることです。この基礎の上に高校レベルの文法と精読作業、多読と語彙増強を段階を追ってトレーニングしていきます。

これはなかなか理にかなった方法に思われますので、これからひとつ自分を実験台にして、音読と瞬間英作文、語彙増強という今までやってこなかった訓練を意識的にやってみようと思います。

3ヶ月ほどやってみて、効果の程を改めてレポートします。

(ベレ出版2005年1400円+税)

| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

小倉美惠子『オオカミの護符』

最近、オオカミを森に放ち、生態系を調整することが提唱されていると聞いて、その興味の一環から買ってみましたが、これはオオカミの話ではなくて、今も密かに人びとの間に息づいている山岳信仰発掘のルポルタージュでした。

川崎市の土橋で育った著者が、自らの祖先の生き方をたどっていくと、武蔵の国の御岳山をはじめとする山岳信仰の姿に行き着いたという、まるで何かに導かれるような幸運なめぐり合わせの一部始終が記されています。

著者はこれをホームビデオで記録に残すことから始め、自らプロダクションを設立し、映画「オオカミの護符」を制作してしまうのですから、やはり只者ではありません。

ちょっとした勘違いからいい本に巡り合えました。

映画もそのうち観てみましょう。

ただし、オオカミのことについてはまた別に探さなくては。

(新潮文庫平成26年490円税別)

| | コメント (0)

本山勝寛『「東大」「ハーバード」ダブル合格 16倍速勉強法』

一年足らずの独学で東大とハーバード大学に合格を果たした著者ならではの方法を公開した本です。

読んでみるとやはりそれだけのことはあって、見事な戦略的思考の実践例になっています。

高校生で成績が伸び悩んでいる人は一度読んでみるといいと思います。

文章も明快で、もって回ったところが一切ないので、読後感も爽やかです。

威張ったところが一つもないのは驚きですらあります。

ただ、読んで、なるほどと感心しても、これを自分にあった方法でアレンジして実行に移すのは、やはり難しいでしょうね。

かくいう私も、語学力を鍛えるための参考として読んでみようと思ったわけですが、特に勉強時間の作り方が参考になりました。

著者の他の本にあったことですが、休日をDVD鑑賞や音読といった様々な手段で語学三昧にすると、楽しみながらかなりの勉強時間を確保できそうです。

不得意な言語をもう一つこういう形でブラッシュアップしてみましょうかね。

(光文社知恵の森文庫2011年629円+税)

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年10月 »