« 上田紀行『人間らしさ 文明、宗教、科学から考える』 | トップページ | 上田紀行『生きる意味』 »

2016年1月15日 (金)

上田紀行『スリランカの悪魔祓い イメージと癒しのコスモロジー』

いやー、予想に違わずいい本でした。

「癒し」という言葉は著者が本書で使い始めたことに端を発するんですね。

それにしても、文化人類学のフィールドワークでスリランカの悪魔祓いを見て回った著者は、この悪魔祓いのもつ癒しの力のいわく言いがたいところを絶妙に言語化してくれています。

著者は「イメージ」と「つながり」という二つの要素が私たちの生命力を活性化させてくれると言います。そして、悪魔祓いはこの活性化の技術が凝縮された祝祭・演劇空間なのですね。

私の師匠の中村雄二郎が『魔女ランダ考』でバリ島の祝祭・儀礼について書かれていたこととテーマが共鳴しています。知的関心の広さも似ていますし、ちょっと懐かしさを覚えました。

読者の思考と感性を大いに刺激してくれる本ですが、同時にこの読書体験そのものが大いなる癒しにもなってくれます。その点でも見事な本です。

私も著者の考えに共鳴しながら、イメージの共有ということについて考えていきたいと思います。

(講談社文庫2010年676円税別)

|

« 上田紀行『人間らしさ 文明、宗教、科学から考える』 | トップページ | 上田紀行『生きる意味』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。