« 島田裕巳『殺戮の宗教史』 | トップページ | 養老孟司『「自分」の壁』 »

2016年7月 8日 (金)

高山正之『歪曲報道 巨大メディアの「騙しの手口」』

いつものように驚かされる情報が満載です。

特に3章と4章は諸外国の戦争プロパガンダの実態や、朝日新聞の記事捏造の歴史がわかります。

旧ユーゴスラヴィア紛争の経緯も、あ、そういうことだったのかという発見があります。こんなにわかりやすくていいのかと思うと、検証してみたくなります。

実際、著者はちゃんと出典を明示して論陣を張るので、気になる本や情報源はこれからフォローしてみようと思います。

とりあえず以下に列挙して備忘録にします。

ポンソンビー『戦時の嘘』
アンヌ・モレリ『戦争プロパガンダ10の法則』
楊海英『凶暴国家中国の正体』
ベバリー・アレン『戦術としての強姦』
筑摩書房『記録現代史 日本の百年 9』
「捕虜尋問リポート49」

(新潮文庫2015年520円税別)

|

« 島田裕巳『殺戮の宗教史』 | トップページ | 養老孟司『「自分」の壁』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。