« 愚かな人びと2(実例) | トップページ | イノベーションとジョーク »

2014年12月30日 (火)

ハイネのルター解釈

 今書いている教科書からの抜粋です。
 ハイネの引用したルターの発言がそのままの形では見つからないのですが、むしろここまでルターの意図を読み込んだハイネのルター解釈の深さに驚かされています。ハイネの『ドイツ古典哲学の本質』は個性的な名著だと思います。

******************

17世紀のデカルトに先立って理性の重要性を強調した最初の人は、おそらく宗教改革の指導者、マルチン・ルター(1483-1546)です。ルターが人は信仰によってのみ救われるという、いわゆる信仰義認説を唱えるとき、その手がかりになるのは聖書の言葉とそれを解釈する人びとの理性です。

 この意義を詩人ハイネは次のように表現しています。

 

ルターが「諸君は聖書そのものにより、あるいは道理にかなった理由によって余の説に反対すべきである」という言葉をはっきり述べてから、人間の理性に聖書を説明する権利がみとめられるようになり、その理性が宗教上のすべての論争の最高の審判者とみとめられることになった [i]

 

 この引用では孫引きになるので、ハイネの創造が加味されている可能性がありますので、ルター自身の著作から適切な言葉を引こうと思うと、案外いい表現が出てきません。それでも、いわゆる『95箇条の論題』の18には、「煉獄にある魂が、功績やいわゆる増加する愛の状態の埒外にあるということは、理性によっても、聖書によっても証明されていないと思われる」[ii](下線筆者)とあります。

 また、『キリスト者の自由』に第18においては、キリストに対する信仰が呼び覚まされるのは律法や行いではなく、正しい説教が「私に語られ」「理解されたとき」[iii]であるという表現があります。

 こうしてみると、むしろハイネのルター解釈の深いことに感心させらずにはいられません。このこだわりの読解こそがドイツ古典哲学の本質につながるものなのかもしれません。

 


[i] ハイネ『ドイツ古典哲学の本質』伊東勉訳、岩波文庫、 71

[ii] Martin Luther’s Greatest Works (Kindle Preferred Active Toc)

[iii] マルティン・ルター『新訳 キリスト者の自由・聖書への序言』石原謙訳、岩波書店、195531頁。

« 愚かな人びと2(実例) | トップページ | イノベーションとジョーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165062/60889903

この記事へのトラックバック一覧です: ハイネのルター解釈:

« 愚かな人びと2(実例) | トップページ | イノベーションとジョーク »

twitter

  • twitter
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30